2006年06月13日

大暴落とジーコジャパンの敗戦@

こんにちは。
最近ネットの環境が悪く、更新が滞りがちになってしまいました。

決して地合の悪さにしょげたわけでも退場したわけでもありません。(笑)
今日久々に株価を見たら日本株は年初来のリターンが約7%くらいマイナスになっていました。
この地合にしてはまあまあと見るか? それともダメダメと見るかは微妙なところですが。


私自身は皆さんの多くと同じように(?)この数日は株価よりもワールドカップに釘付けでした。

そのワールドカップ、日本は非常に手痛い敗戦を喫してしまいました。
残念ながら、予選突破は非常に厳しい状況といえそうです。

なぜ日本は敗れてしまったのでしょう??
昨日のオーストラリア戦の敗因はいろいろ指摘されています。

「川口の手が届いたら。」
「もう少し積極的に攻めていたら。」
「坪井の負傷交代がなければ」
ひどいのになると
「暑さで足が止まっていたから。」

というものまであります。
こうした個別のプレーに敗因を求める議論には決定的に戦略眼が不足しています。

私が思うに、昨日の日本の敗因は「戦略不在」に尽きます。

日本の長所は言うまでもなく、高い個人技と早いパス回しからの速攻です。
この長所を生かすためには日本はラインを上げ、高い位置でボールを取らないと速攻になりません。
逆にラインを下げ、守りを重視し攻撃はカウンターに任せるというスタンスならボランチに小野選手を入れて中盤を厚くする必要はありません。
現に試合終盤では縦パスによるオーストラリアの攻撃に防戦一方となり、せっかくの小野選手の個人技やパスの精度が生きる局面がまったくありませんでした。

昨日の試合、後半20分過ぎの日本代表は2点目を速攻で取りにいくのか、守りを固めるのかの戦略および選手の意識が統一されていなかったように感じられます。
その結果、ほとんど日本のペナルティーエリア付近にボールがあるにもかかわらず、数的優位が確保できず、オーストラリアに何度も決定的チャンスを許してしまいました。
川口のミスはその数多い決定的チャンスのうちのひとつで起きたことにすぎません。(彼がGKでなかったら、前半で同点に追いつかれてしまっていたでしょう。)あそこまで決定的チャンスを許し続けたことが問題です。

ジーコ監督の戦略のなさは常々批判されてきましたが、昨日の試合内容からはジーコをかばうことは難しいと感じます。

軍事では「戦略レベルのミスは戦術レベルではどうやってもカバーできない。」というリアリズムに基づいた鉄則があります。

昨日の敗戦はこの鉄則を思い起こさせてくれるものでした。
そしてこの鉄則は投資にもあてはまりますし、こういう地合のときこそ重要であると思います。
次回はこの続きです。
posted by たけ先生 at 18:30| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。