2006年06月25日

アメリカ株分析

こんにちは。

日本のワールドカップも終わり、がっかりしながら少し落ち着いてきました。

このブログも初心に帰り、株の分析に戻りたいと思います。

久々にアメリカ株の話になります。

日本では外国株というとどういうわけか中国株やインド株投信(個別株が買えない!)ばかりが話題になるのに、アメリカ株はさっぱり話題になりません。
しかし、世界の株式時価総額の50%はアメリカ株が占めています。
またアメリカ企業は収益力においても影響力においても世界でも最強レベルです。
たとえば今度のワールドカップでも、場内ではビールはバドワイザーしか飲めません。
ドリンクはコカコーラ、そしてほとんどのチームのユニフォームにはナイキのロゴがついています。

こうしたアメリカ企業のやり方は市場原理主義に対する批判ともあいまって反感を買いがちですが、グローバリゼーションの中こうしたアメリカ大企業の力は無視できません。
また少し分析して驚いたのですがこれらの世界的大企業の多くは素晴らしい収益力をあげており、かつ株主に大変多く還元しています。
企業によっては収益の5割以上を配当+自社株買いに当てており、「株主に返す。」という姿勢は明確です。

また、日本でもEtrade証券や楽天証券などで(大企業中心ですが)簡単に米国株を購入することができます。

こうした観点からもアメリカ株投資は有効な投資対象だと思います。
次回からは個別株を分析したいと思います。
posted by たけ先生 at 11:23| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。