2006年06月27日

アメリカ株分析〜Pfizer

こんばんは。
前回の続きで、アメリカ株分析の個別銘柄編です。

今回はPfizer(PFE)を取り扱いたいと思います。

ご存知のようにPFEは世界最大の製薬会社です。
会社の説明はこちらのwikipediaの説明がよくまとまっていると思います。

一般の方にはなじみがないかもしれませんが、リピトール、ノルバスク、ユナシン、ハルシオンといった薬は臨床医なら誰でも知っている有名薬です。

またバイアグラや二コレットは一般の方にもなじみのある薬かもしれませんね。

このように巨大な製薬会社であるPFEですが、昨日興味深いニュースが飛び込んできました。

なんと同業のJohnson and Johnsonが、PFEの大衆薬部門を買収したそうです。
PFEの大衆薬部門といえば、リステリンとニコレットが有名です。
買収額は166億ドルと巨額です。

このニュースにインスパイアされて、次回からはPFEを定量・定性分析してみたいと思います。

posted by たけ先生 at 22:38| Comment(3) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。