2006年07月07日

Pfizer分析A〜定量分析

こんにちは。

だいぶ間が空いてしまいましたが、Pfizerの分析の続きです。
世界最大の売上高を誇る製薬会社です。

まずは過去数年の成長率を見てみます。(2001年〜2004年)



売上成長率(%)   11.5  11.6  38.5  17.4

利益成長率(%)   109.0  17.2  -57.2  190.6

EPS成長率(%)    106.8  19.7  -63.0  175.9


次に、売上高と営業利益率、EPS、ROEを見てみます。(2001年〜2005年)     
売上高
(百万ドル) 28,947  32,294  44,736  52,516  51,298

純利益
(百万ドル)  7,788  9,126  3,910  11,361  8,085

EPS(ドル)  1.22  1.46  0.54  1.49  1.06


配当(ドル)  0.44  0.52  0.60  0.68  0.74

ROA(%)  19.9  19.7  3.3  9.2  7.4

ROE(%)  42.6  45.7  6.0  16.7  12.3

純利益率(%) 26.90  28.26  8.74  21.63  15.54


売上高は順調に伸びていますが、03年に利益が大きく落ち込んでいます。
また03年以降、ROEの低下が目立ちます。
いずれも新薬のラインを確保するための買収とこれに伴う株主資本の増大が原因のようです。


また、いずれの年においても、配当性向が高い(50%以上)が目立ちます。
さらに自社株買いも行っているので、株主還元率は非常に高いのが特徴です。

posted by たけ先生 at 17:25| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。