2006年08月28日

借金してでもドルを買えは正しいか??@

こんにちは。
マーケットは一進一退ですね。

今回も藤巻氏の主張の検証です。

藤巻氏はさまざまな著書を書いていますが、大体要約すると

「今の空前の低金利はチャンス。日米の金利差もしくはハイパーインフレを考えると今後はドル高、不動産高が進む。借金してでもドルと土地を買え!」

という主張です。

過去2回は不動産市況について考えてみました。

今回からはドルについて考えてみます。

ところでドルというか外貨投資にはそもそも根本的な疑問があります。

大体外貨投資を薦める本には


・日本国債のデフォルトにより大インフレ、大円安が起こる可能性がある

ということを根拠にしています。

巷の国家破産本は毎年毎年「円が紙くずになる!」と脅しています。
また当の財務省も毎日毎日
「財政は最悪だ!!増税は絶対必要!!社会保障をどんどん削ろう!!」
と連呼しています。おかけで年金も減額され、患者さんの医療費の負担も上がり、いつのまにか消費税の増税は避けられないとのムードができています。

では本当に日本国債のデフォルトによる大インフレ、大円安は起こりうるのでしょうか??

次回からはこの問題について考察してみたいと思います。
posted by たけ先生 at 19:16| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。