2006年09月17日

国債問題まとめ

国債問題のまとめです。

みなさんに熱心なコメントをいただいてありがたい限りです。

こんな字ばっかりのブログを真剣に読んでコメントしてくださる方がたくさんいるのはうれしい限りです。

私自身、国債問題は全く楽観はできないと考えています。

国債問題の解消に絶対に必要なのは

@持続的な成長による国債のGDP比低下

Aプライマリーバランスの改善

の二つです。

ただし、今回のテーマで主張しなかったのは

「増税だけでは国債問題は決して解決できない」

ということです。

三菱総研の試算では消費税を5%引き上げると実質GDP成長はマイナスになるそうです。
また、社会保障費の引き上げは高齢者による金融資産取り崩しを加速させ、金融機関による国債引き受けをさらに困難にする恐れがあると思います。

GDP成長がマイナスなら、新規国債発行ゼロでも実質借金は増えていくことになります。これでは長期金利急上昇は免れないでしょう。

「増税すれば万事解決!!」では困ります。

新政権には経済成長に資する経済財政政策を期待したいところです。
個人的には税制は法人税や所得税などフローにかかる税金を減税および株式譲渡益課税や配当課税など投資に関する課税を減税し、相続税などストックにかかる税金を増税したほうがいいかと思います。

「一生懸命頑張って収入を増加させ、リスクをとって投資した人が金持ちになりやすく、かつ子孫には残しにくい。」

税制にすれば消費も増え、GDPも増加すると思うのですがいかがでしょうか??

posted by たけ先生 at 19:05| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。