2006年11月06日

医療をマーケットに任せてみる〜民間医療保険の問題@〜アメリカ医療の現状

こんにちは。

だいぶ間が空いてしまいました。

今回からは民間医療保険の問題を扱います。

この民間医療保険の問題こそ、医療を市場化した際にもっとも大きな問題点となりえます。

まずは医療市場化の先進国、アメリカの事例をみてみます。


・米国の医療費はGDPの15%を占める(日本は8%で約2倍)

・一人当たり医療費は年間5635ドルと世界一である。(日本は27万円でこれも約2倍)

・医療費の主な支払い元は
 民間保険 36%
 メディケア(高齢者向け公的医療保険) 19%
 メディケイド(低所得者向け公的医療保険)17%

・65歳未満のうち20%が無保険者である。

驚くことに無保険者が2割いて、全体の4割が民間保険に加入しています。
それにもかかわらずGDP比でほぼ日本の総医療費に匹敵する公的医療費支出が強いられています。

このことから、二つのことが示唆されます。

@財務省の悲願にもかかわらず、医療を自由化したところで医療費の公的給付を抑制することはおそらく困難である。

A医療を自由化すると、現在の総医療費に匹敵する巨大なマーケット(30兆円前後)が出現する。

@は残念な結論です。結局大多数の国民は増税ないし保険料を引き上げた末に受けられる医療サービスが低下することが示唆されるからです。

Aは巨大マーケットの出現により、多くのビジネスチャンスがうまれます。
一大市場となるので国の成長率を押し上げることができるかもしれません。

ところが医師の眼から見ると民間医療保険は非常に難しい問題を抱えています。特に通称イチゴ摘みと呼ばれる問題は保険の本質に内在する問題です。

次回はこのイチゴ摘みについて考えてみたいと思います。



posted by たけ先生 at 19:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。