2006年11月19日

「無駄な医療」とは何か??

こんにちは。

医療を語る際に避けて通れないのは「無駄な医療」に関する議論です。

経済財政諮問会議も財務省も日経新聞も「医療費削減のため無駄な医療を抑制せよ!!」と連呼しています。
診療報酬における出来高払行う無駄な検査を抑制できる、というわけです。

私の周りの非医療業界の友人も必ず医師を批判する際に「無駄な医療費」という言葉を使います。
大体イメージされているのは「老人に必要もない点滴や薬剤を大量に投与して、医療機関が金儲けしている。」というものです。

こうしたイメージとは裏腹に、何が「無駄な医療」かを医学的に判定することは実は非常に難しい場合が多いです。

そして、訴訟リスクやマスコミによるバッシングは確実にこの「無駄な医療費」を増大させます。

訴訟大国アメリカでは防衛医療(defensive medicine)という言葉が広く知られています。

このHPではアメリカの防衛医療の実態が紹介されています。

このHPによると、<<例えば頭痛の患者さんを診察する際、医師は頭痛の部位や起こり方、経過などから鑑別診断を進め、その結果、鎮痛剤の処方や「様子を見ましょう」だけの場合が多いものです。しかし、稀には脳腫瘍や脳内出血などが潜む場合もあり、過度な訴訟社会ともなれば、医師は保身のために全ての頭痛の患者さんに頭部のCT・MRI検査を指示するようになります。こういう医療がDefensive Medicineであり、訴訟社会が生んだ無駄な医療費と言うことも出来ます。>>の部分がまさに防衛医療による医療費増大にあたります。

先日の奈良・大淀で分娩中に脳出血を起こした妊婦さんが搬送までに18個の病院に受け入れ不能とされ、最終的に死亡した事件がありました。

みのもんたや小倉さんなどマスコミは「なぜもっと早くCTを撮らなかった!!」と主治医を強く批判していました。
しかし、医学的にあの状況でCTを撮って脳出血が判明したとしてもおそらく搬送は避けられなかったと思います。そうだとすると、あの状況で撮像するCTは経済財政諮問会議や日経新聞の視点では「無駄な医療費」ということになりかねません。

医療は不確実なものです。ハイリスク患者さんであればあるほど不確実性は増します。
そして非常に確率の低い病気のせいで患者が死亡してしまった場合、医療者が「確率の低い病態については医療の無駄を省くため検査を行わなかった。」と説明すればどうなるでしょう??

マスコミ、家族、そして司法は
「なぜあの検査を行わなかった!!」

「なぜあの病気を疑ってこの薬を投与しなかった!それでも医者か!!」

「たとえ0.1%でも可能性があればそれに備えるのが当然でしょう??人の命がかかっているんです。先生たちにとっては大勢いる患者さんの一人でも家族にとってはかけがえのない、お金に換えられない命なんです!!」
と口を極めて非難するのではないでしょうか??

 そしてこうした非難を防ぐためにありとあらゆる検査や投薬を行う防衛医療に陥れば、
「無駄な検査による医療費高騰を許すな!!包括払い性を拡大しろ!!!」
と日経新聞や経済財政諮問会議に批判されます。

まさに進むも地獄、退くも地獄です。
これではやっていられない、と現場のスタッフが考えるのも無理はありません。
いま、救急や産科、小児科などハイリスク診療科の第一線の医師が次々と疲弊して現場を離れていっています。背景にはこうした事情があることを少しでも知っていただければと思います。

万全な医療を求めれば、どうしても「結果的に無駄な医療費」は増大します。
「無駄な医療費」を削減すれば、どうしても万全な医療とはいきません。

ならば相応の負担をできる方だけが万全な医療を要求する権利がある、と考えるのがアメリカ型医療です。@の路線ですね。

国民皆保険なんだからある程度の質で我慢しようよ、というのが北欧流です。Aの路線です。

両方を追い求めて不可能を現場に強い続け、医療が決定的に崩壊したのがイギリスでBの路線です。患者も医者もイギリスから逃げ出してしまったそうです。

日本国民はどの選択肢を選ぶのでしょうか??


posted by たけ先生 at 17:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。