2007年02月09日

柳沢厚労大臣発言のピンボケ

こんにちは。

しばらくぶりの更新です。

この間世間では柳沢厚労大臣の

産む機械が減っているのだから一人一人に(たくさんの子作りを)がんばってもらわないといけない
という発言が
「女性蔑視だ。」
「女性を機械に例えるとは何事だ!」

と厳しく批判され、地方選にも影響を及ぼしたそうです。

ところでこの発言、例え方も悪いのですが私は発言内容自体にも無知に基づく事実誤認があるように思えてなりません。

本当に出産適齢期の女性の数の減少が少子化の原因なのでしょうか??
現在日本では晩婚化が進んでいるため出産時期がずれ込んでいます。かつてと異なり現在では28〜32歳くらいに出産年齢のひとつのピークがあります。
ところがこの28〜32歳というのは団塊ジュニア世代に当たり非常に人口の多い世代です。

減っているのは出産適齢期の女性の数ではありません。
結婚している状態にある出産適齢期の女性の数なのです。

今の少子化の原因は一言で言えば経済問題です。
団塊ジュニアは「失われた10年」の不況のしわ寄せを最も受けた世代です。
この世代の男性は失業率も高く、可処分所得が相対的に低いため、女性が望む結婚後の生活水準を維持できる人が少なくなっています。

さまざまな調査で男性の年収と結婚率は強い正の相関があることがわかっており、団塊ジュニアの晩婚化、非婚化はこの世代の男性の可処分所得の低さと大いに関係があります。

また近年急増している若年離婚も経済的要因が大きな理由を占めていることが示唆されています。

さらに育児コストの上昇と可処分所得の減少により女性が仕事を休めず、出産を断念していることも無視できない要因です。すべての女性が育児休暇を取れるほど理解があり身分が保証された恵まれた労働環境にあるわけではありません。特に非正規雇用、フリーターの場合、妊娠は即退職の強要につながることが多いと思われます。

晩婚化、非婚化、若年離婚、経済的理由による出産断念・・・。

いずれも根はフリーター問題と一緒なのです。
そして現在の政権はフリーター問題を解消するべく「再チャレンジ可能な社会」を掲げ成立した政権です。
厚生労働大臣は少子化、フリーター問題、そしてその背後にある団塊ジュニアの雇用の不安定化と賃金問題を解決する直接の主管大臣です。

その大臣がこうした経済問題の少子化への影響をまったく考慮せずに能天気に「産む機械が減っているのだから一人一人に(たくさんの子作りを)がんばってもらわないといけない」などと単純な数の問題に帰着しているわけです。

例えの不適切さより厚生労働大臣の少子化問題に対する理解の乏しさと不見識のほうがよほど深刻です。

少子化は本来国家を挙げて取り組むべき最優先課題です。
私は憲法改正にはどちらかと言えば賛成ですが、あえてはっきりいえば、少子化問題に比べれば憲法改正など瑣末な問題に過ぎないと思います。

子供がどんどん減り続ける国で「国のかたち」や「国の誇り」といった抽象的な議論ばかりしていてどうなるというのでしょう??

少子化問題はもう一刻の猶予もありません。団塊ジュニアがたくさん子供を産んでくれるかどうかが日本の少子化を食い止める最後のチャンスです。


団塊ジュニアがもし出産しないまま結婚適齢期を過ぎてしまえばこの後いくら予算を投入しても少子化に歯止めをかけることはきわめて困難です。
少子化対策はここ2〜3年の間になんとかしなければならない「いまそこにある危機」なのです。

このまま少子化が進行すれば日本は

@一人一人が給料はそのままで長時間労働する

A移民を大量に受け入れる

B現在の生活水準を切り下げる

の3つのうちいずれか、あるいは全部を選ばなければならなくなります。私は@〜Bいずれも「美しい国」とは思えません。
現政権には問題の本質を認識して、適切な政策を選択してもらいたいと思います。
posted by たけ先生 at 16:35| Comment(18) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。