2007年03月21日

小康状態

こんにちは。

最近マーケットは円高、海外株とも少し落ち着きを取り戻しています。ひところのパニック状態からはようやく脱しているかにも見えます。

肝心のアメリカ景気の方は消費の伸びが極めて順調です。これをうけWMTやTGTなど消費関連株も堅調な値動きを見せています。

もっともアメリカのサブプライムローンの問題はまだ出口が全く見えてきません。

サブプライムローンというと難しげに聞こえますが、要するに変動型住宅ローンです。
昔、日本でもありましたね、最初の数年だけ金利が安くって、あとから高くなるローン「ゆとりローン」ってのが。

あれと同じような感じで、頭金ゼロでも身分保障(アメリカの場合はsocial security number)がなくても借りられるというすぐれもの・・・といううたい文句だそうです。

問題はその金利で、何と3年目以降は年利10%になるそうです。そりゃ普通に返せんわな・・・。
この問題で注意深くみなければならないのは、日本の消費者金融と同様の展開が待っているかもしれない、ということです。

すなわちいくつかの州では借り手の返済能力を無視した貸付を「略奪的貸付」と定義づけ、住宅担保の処分を禁止したり、場合によっては金利を減免することを州法でさだめるべく審議が始まっているといいます。

こうした規制が一般化すれば、日本のバブル崩壊時と同様に不良債権と信用不安、土地の塩漬けが蔓延化するおそれがあります。
今後とも十分に注意が必要ですね。

私自身は円高を受け、あまりこの問題に関係がなさそうな外国株で連れ安したものを買い付けていました。また日本株については特に不動産市況に先行き不安を感じています。


新規買付銘柄

HK 3983 China Blue Chmical
JP 5412 POSCO


買い増し銘柄

ADM Archer Daniel Midland
BHP BHP billiton
BRK.B Berkshire Hathaway Class B
UPS United Parcel Service
HK 1173 Veeko International


売却銘柄
JP 8877 日本エスリード
HK 8069 同仁堂科技


一部売却銘柄
JP 6678 テクノメディカ
posted by たけ先生 at 11:49| Comment(5) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。