2007年03月28日

アメリカ住宅価格指数下落の衝撃

こんにちは。

昨日から今日にかけて、また株安、円高が進行しています。
背景にはあいも変わらずアメリカサブプライムローンへの懸念が存在するようです。

この問題は知ればしるほど先行き不安です。
アメリカの月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み)は年率換算で84万8000戸で市場予想を大きく下回り、前年同月比18%もの大幅マイナスでした。

住宅価格の動向を現すS&P Housing Indexは今年1月に小幅マイナスに転じました。マイナスに転じるのは94年以来14年ぶりだそうです。

アメリカサブプライムローンは要するにゆとりローンと同じです。「2/28」と呼ばれる30年ローンでは住宅購入者は頭金も身分証明もなしに住宅ローンが借りられます。最初の2年間は比較的金利が低いのですが、3年目以降支払い金利が10%にもなります。

当然まともに返せるわけがないのので、住宅価格の値上がりによる転売ないし、値上がり分を担保にした固定ローンへの借り換えが頼みということになります。

いつかどこかの国で聞いたことがあるような話ですが(笑)この幸せが続くためには住宅価格が上昇し続ける必要があります。

もし住宅価格が下落して担保価値が負債額を下回ったら・・・。
これもどこかで聞いたことがあるような話です。
さらに議会民主党は住宅ローンによる担保執行を防ぐために、「略奪的貸付」と認定された貸付については強制執行を禁止する
措置を取ろうとしています。
これもどこかで聞いた話ですが、こうなると塩漬け住宅だらけになり、国中に不良債権が横行しかねません。

グリーンスパン前FRB議長が
「魔法の杖でアメリカの住宅価格を10%上昇させることができればこの問題はすべて解決する。」といったそうですが、まったく正しいと思います。

となるとアメリカはこのあと金利を引き下げていくのでしょうが、その影響はまだまだ計り知れません。
当面円高により日本の輸出企業および外需頼みの日本景気が腰折れする可能性は十分にありうると思います。

PFもこの懸念にそって徐々に入れ替え中です。
消去法的に中国内需、ローテクセクターに着目しています。

売却銘柄
JP:6879 フォトロン
JP:6920 レーザーテック
HK:8201 China Fire

購入銘柄
HK:0171 Silver Grant

HK:0178 Sasa International
posted by たけ先生 at 16:02| Comment(9) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。