2007年04月09日

バリュー投資再考〜成長への過大評価

こんにちは。

昨日の続きでバリュー投資について考えて見ます。

昨日の記事で、株式の価値は成長率、リスクフリーレート、投資家の期待リターンの3つからなり、PERはこの3つの変数、特に成長率に対する投資家の評価だと書きました。

したがって、高PER株は投資家が企業の高い成長を期待していることを意味します。このことは高PER株が別名「グロース株」と呼ばれることからも伺えると思います。

ところが、投資家というより人間には「モメンタムに対する根強い誤認知」が存在します。

つまり「勝ち組はずっと勝ち続け、負け組みはずっと負け続ける。」と誤解してしまうのです。

実はすべての企業のうち、市場平均を上回るROEを継続して5年間以上出せる企業などほとんどありません。多くの企業は無限の成長をするように見せながら、どこかで市場の平均成長率を下回ることになります。

ところが年率50%とかすごい割合で成長している企業をみると、多くの投資家(そして多くの経営者)はこうした高成長がしばらく続く、とついつい思い込んでしまいます。
したがってそうした高い成長率を織り込んだ株価、すなわち高PER株になるのですが、その企業が市場平均なみの成長率に回帰するだけでPERは下落し、結果として株価は下落します。

バリュー投資のデータを見てみると本当のところ、「低PER株のリターンがいい。」というより「高PER株のリターンが全体のリターンを押し下げている。」というほうが真実に近い気がします。
低PER株の高いリターンはごく少数の爆上げ銘柄に拠る割合が大きく、中央値は市場平均を下回る傾向があるという事実はこの説をある程度補強するように思います。

こうした高PER株の低いリターンは投資家心理の根強いバイアス、すなわち成長への過大評価がもたらしていると考えられます。
初心者は「急成長している高PER株を長期間保有しない」だけで少なくとも大敗は避けられますし、おそらく市場平均に負けないリターンをあげられるのではないかと思います。

次回は長期保有について考えてみたいと思います。
posted by たけ先生 at 23:17| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。