2007年10月04日

国際分散投資のリターンについて

こんにちは。
最近の日本株の不調と外国株、特に中国株の好調により国際分散投資が脚光をあびているように思われます。

こういう風に中国株が上昇してくると投資雑誌には「GDP成長率が高い中国やインドは成長率が低い日本株より上昇して当然」といった論調があふれかえっています。

確かに企業収益はGDPの関数でしかないので、一見この記述は当然すぎるように感じます。

しかし、実は長期的には株式のリターンはどの国でもそれほど差がないとされています。また、そうでなければ国際分散投資の意味などありません。
成長率の高い国の株式リターンが高いことが自明なら、すべて成長率の高い国の株式にしておけばいいはずで国際分散は不要です。

なぜ成長率の高い国と低い国で株式の長期リターンがそれほど変わらないのでしょうか??答えは極めて単純で高成長国の株はPERが高くなることが多いからです。

株価は企業収益(EPS)×バリュエーション(PER)で決定されます。
成長国の株式はEPSの伸びも高い反面、それを織り込んでPERが高いのでリターンが成熟国株式に近くなるわけです。
逆にいうとGDP成長率の高い国の株式市場は普通は高PERとなります。

ところがここ数年香港H株やブラジル株、ロシア株などのPERはおおむねアメリカや日本を下回っていました。政情不安、流動性リスクなど様々な理由はあったのでしょうが、このところのBRICS株の急騰は高成長国の株式バリュエーションが見直されている過程とも考えられます。

また私は日本内需株に弱気ですが、その理由は単に日本のGDP成長率の期待値=内需企業のEPSの伸びの期待値が低いからではありません。

日本内需企業のEPSの伸びの期待値が低いのに、日本株のPERがBRICSや欧米と比べて決して低くないから日本株に弱気なのです。

この両者の違いは重要です。
例えばもし日経平均が明日8000円になったら私は今すぐに日本株のポジションを大幅に上げると思います。また現在の水準でも新興内需株には相当に期待リターンが高そうな銘柄が散見され食指が動きます。
逆にH株指数が3,0000ポイントになったら中国の高成長が続くと予想しても
中国株のポジションは下げると思います。
株式のリターンはいつでも収益×バリュエーションで決定されることを忘れてはいけないと思われます。

posted by たけ先生 at 22:59| Comment(13) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。