2006年06月13日

大暴落とジーコジャパンの敗戦@

こんにちは。
最近ネットの環境が悪く、更新が滞りがちになってしまいました。

決して地合の悪さにしょげたわけでも退場したわけでもありません。(笑)
今日久々に株価を見たら日本株は年初来のリターンが約7%くらいマイナスになっていました。
この地合にしてはまあまあと見るか? それともダメダメと見るかは微妙なところですが。


私自身は皆さんの多くと同じように(?)この数日は株価よりもワールドカップに釘付けでした。

そのワールドカップ、日本は非常に手痛い敗戦を喫してしまいました。
残念ながら、予選突破は非常に厳しい状況といえそうです。

なぜ日本は敗れてしまったのでしょう??
昨日のオーストラリア戦の敗因はいろいろ指摘されています。

「川口の手が届いたら。」
「もう少し積極的に攻めていたら。」
「坪井の負傷交代がなければ」
ひどいのになると
「暑さで足が止まっていたから。」

というものまであります。
こうした個別のプレーに敗因を求める議論には決定的に戦略眼が不足しています。

私が思うに、昨日の日本の敗因は「戦略不在」に尽きます。

日本の長所は言うまでもなく、高い個人技と早いパス回しからの速攻です。
この長所を生かすためには日本はラインを上げ、高い位置でボールを取らないと速攻になりません。
逆にラインを下げ、守りを重視し攻撃はカウンターに任せるというスタンスならボランチに小野選手を入れて中盤を厚くする必要はありません。
現に試合終盤では縦パスによるオーストラリアの攻撃に防戦一方となり、せっかくの小野選手の個人技やパスの精度が生きる局面がまったくありませんでした。

昨日の試合、後半20分過ぎの日本代表は2点目を速攻で取りにいくのか、守りを固めるのかの戦略および選手の意識が統一されていなかったように感じられます。
その結果、ほとんど日本のペナルティーエリア付近にボールがあるにもかかわらず、数的優位が確保できず、オーストラリアに何度も決定的チャンスを許してしまいました。
川口のミスはその数多い決定的チャンスのうちのひとつで起きたことにすぎません。(彼がGKでなかったら、前半で同点に追いつかれてしまっていたでしょう。)あそこまで決定的チャンスを許し続けたことが問題です。

ジーコ監督の戦略のなさは常々批判されてきましたが、昨日の試合内容からはジーコをかばうことは難しいと感じます。

軍事では「戦略レベルのミスは戦術レベルではどうやってもカバーできない。」というリアリズムに基づいた鉄則があります。

昨日の敗戦はこの鉄則を思い起こさせてくれるものでした。
そしてこの鉄則は投資にもあてはまりますし、こういう地合のときこそ重要であると思います。
次回はこの続きです。
posted by たけ先生 at 18:30| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。毎日チェックしてます。
テクノメディカって医療費削減が影響して消耗品販売利益下がるから売られている?ということなんでしょうか。それとも地合で売られているだけなんでしょうか。結構魅力ありますよね?

Posted by K at 2006年06月14日 00:53
たけ先生、こんにちは。初めてコメントします。
いつも楽しくコラムを拝見させて頂いております。

 今回のオーストラリア戦についてのコメント、「我が意を得たり」という気がします。戦略眼の徹底的な欠如が敗因だと私も思います。元サッカー選手の方でさえ、「いい場面はあった」「守り切れなかった」「同点となり精神的な糸が切れてしまった」などと、枝葉末節なコメントをしているのを見ると失望します。「自分たちのサッカーができなかった。」というのもある意味当たっていますが、もう少しロジカルなコメントが聞きたいところです。
 やはり、日本のチームという私情が入ってしまうと、サッカー解説の専門家もロジカルシンキングが停止してしまうのでしょうかね。

 おっしゃるように投資についても同様かもしれませんね。マクロ的な動きや、自分が投資していない銘柄については客観的な分析ができるのに、自分の保有銘柄については、「成長性から見れば割安」などという都合のいい解釈をしてしまいがちですよね。いかに「感情に流されない投資活動」ができるかが勝敗を分けるように思います。

P.S.
私も投資コラムを書いています。もし覗いて頂ければうれしいです。
Posted by Intelligent-investor.net at 2006年06月14日 09:45
Kさん、毎日ありがとうございます。
最近更新頻度が落ちてしまい申し訳ありません。
なるべく更新していきますね。

テクノメディカですが、ケアサプライやメディキット同様医療費削減を嫌気して売られていると思われます。
その割りに薬品株が「ディフェンシブ」と称されて底堅かったりするのでよくわかりませんが、多分アンカリングなんでしょう。
業界人の目から見ると、薬価と調剤薬局はこれから相当たたかれると思う反面、病院は見直されるように感じるのですが・・・。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by たけ先生 at 2006年06月15日 16:57
intelligent-investorさん、はじめまして。
早速コラム拝見しました。
プロの視点を有したすばらしい内容だと思います。
シーゲルの本は私も読みました。名著だと感じておりますし、最終章の未来予想も私は共感しました。
受け売りですが私も「勝ち組優良株」のいくつかを保有しております。
あなたのサイトのような良質なコラムやサイトが増え、「今すぐ上がる株!」みたいなサイトが減ればいいなといつも思いますが、そうすると市場が効率化して収益機会がなくなってしまうかもしれませんね。(笑)
よろしければ相互リンクを貼らせていただいてもいいでしょうか??
Posted by たけ先生 at 2006年06月15日 17:03
たけ先生

 自分の投資の備忘録に始めたブログに、お褒めの言葉を頂き、恐縮です。こちらこそ、いつも勉強させていただいていますので、相互リンクをさせて頂ければ光栄です。

 今後ともお医者様の視点ならではのコメント、楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

 昨年来の株高で大量の個人投資家が市場に参入していますから、私達が何を書いても、裁定機会はまだまだ沢山あるでしょう。(笑)
 一人でも多くの「賢明なる個人投資家」が増えるべく、細く長く一緒に活動できたら良いですね。

 
Posted by Intelligent investor.net at 2006年06月16日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19220802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。