2006年06月20日

よく頑張ったクロアチア戦

こんにちは。

クロアチア戦の感想ですが、日本は本当に良く頑張ったと思います。
1試合目に見せた消極性や意思統一の乱れもなく、チーム全体で意思がまとまっていました。

ジーコ監督の選手交代のタイミングも、今度は意図が明確になっており良かったように感じます。

結果については「勝てる試合を落とした。」との論調が目立ちますが、むしろ「実力が上の相手によく健闘した。」というのが妥当なところではないでしょうか??

柳沢選手が決定機を外したのがネット上などでひどく叩かれています。
確かに「あれ決められないか〜??」とは私も思いましたが、クロアチアはPKをはじめ決定機をはるかに多く外していました。

そう考えると、むしろ日本守備陣というより全員で攻撃して、全員で守ったイレブンの運動量と根性を讃えるべきではないかと思います。
それにしてもこうなってみると、本当に初戦の敗戦が痛いですね。
仮に、もし仮に初戦あのまま勝利していたら、クロアチア戦は120点の結果だったわけですからね〜たらーっ(汗)

いずれにしても日本代表は今回のオーストラリア戦の敗戦、特に戦略の不在を今後の糧にしてほしいです。
「夢をありがとう!」で終わったら後には何も残りません。

だいぶ株の話と離れてしまったので、次回からは株話に戻る予定です。
余裕があればアメリカ株について分析してみたいと思います。
posted by たけ先生 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。