2006年07月06日

売買報告

こんばんは。

ここのところ、本当に本業が忙しくなかなか更新できません。
Pfizerの分析もなかなかアップできないでいます。

そうこういっているうちにだいぶマーケットは戻してきました。
今日はミサイルの問題で少し下がったようですが、景気の指標も強いので先行きはポジティブに見ています。

目をつけていた銘柄であるスルガが上昇してしまったので、新規にダイオーズを買い付けました。

一部バリュー投資家の間では人気の銘柄のようですが、輸出に依存しているので円高がマイナスでしょうか。また随分買収に積極的なようで、買収嫌いとしては少し不安です。
が、指標面と事業内容に惹かれて結局購入してしまいました。
どうなりますやら。(笑)

新規購入銘柄:ダイオーズ
posted by たけ先生 at 00:04| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本業が忙しいと、銘柄を調べる暇もありませんね。

J&Jの買収価格16.6B$は若干高めだというコメントが多いようです。
Posted by PALCOM at 2006年07月06日 23:52
こんにちは。
まあ分かるので良いのですが、
東紅環保
は恐らく漢字が間違っていると思います。
Posted by KKK at 2006年07月07日 01:31
PALCOMさん、コメントありがとうございます。
JNJの買収価格は確かに少し高めかもしれませんが、臨床医の立場だと二コレットの収益も予想しづらいです。
アナリストはどう評価しているのでしょうかね??

KKKさん、すいません、すぐに直しておきます。
Posted by たけ先生 at 2006年07月07日 17:21
ダイオーズは輸出はしてないとのことです。
ただ、アメリカでの利益や期末在庫の換算のレート次第では利益の増減はありえます。
とはいえ、利益額がレートで変わるだけなので、
リスクはかなり小さいと思います。
Posted by Maiton at 2006年07月07日 23:52
maitonさん。
コメント有難うございます
おっしゃる通り、輸出ではなくアメリカでの売上がどうなるの問題ですね。
頭では分かっていたのですが、思わず「輸出」と書いてしまいました。
ただ、ダイオーズのアメリカでの売上の大きさを考えると利益額の変動であってもドル安リスクはそれほど小さくはないと思うのですがいかがでしょうか??
Posted by たけ先生 at 2006年07月08日 22:37
為替に関してはどっちに転ぶか分からないので、ほぼ無視という考えです。 (^。^)
ま、減るリスクもありますが、増える可能性もあるわけですし、20%ドル安になったところで、US分の利益が20%減少。 たしか日本とUSが半分程度だったような記憶があるのですが、そうすると減益率は全体で10%となるので、そんなに大した数字ではないと思います。 なによりこのご時世にこんな低PERの株はありがたいですね。
オフィスの”コモディティ商品”に集中ってコンセプトもいいですね。 普通なら敬遠することを逆に集中。 安定顧客が多いでしょうから売上利益も安定。安心してHOLDです。 配当も悪くないし。

ひとつ残念なのは、株主総会でクリーム入りのコーヒーを出したことでしょうか。
ブラックの美味しいのを出してくれ〜 笑
Posted by Maiton at 2006年07月08日 23:32
maitonさん、コメント有難うございます。
実は私はアメリカ株を購入しておきながらドル安を予想してたりします(笑)
もちろん、予想なのでどう転ぶかはさっぱり分かりませんが、ダイオーズの事業内容は私も魅力的だと思います。
私より銘柄に詳しい方がholdしているのは励みになります。
これからも宜しくお願いします。
Posted by たけ先生 at 2006年07月09日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。