2006年09月18日

国債問題と税制

こんにちは。

国債問題はみなさんの意見が聞けて、私自身大変勉強になっています。
タイムリーにここのところ、円が急落しています。
日本の財務相がG7で円高誘導発言をしたとか、私はあまり日本が円高方向への口先介入をした記憶がないのですがそれだけ日本の成長率が悲観されているのでしょうか??

少し気になりますね。

みなさんの熱心なコメントがあったのですが、気になるものがありました。

「法人税と所得税をもっとあげて累進を強化しろ。」

というものです。

PALCOMさんのコメントにもありましたとおり、税制の話には社会主義対資本主義という永遠の命題があります。
確かにここ数年ジニ係数の上昇にも現れるとおり、日本の格差拡大は目に余るものがあります。
またコメントにもありましたとおり、年収100万円台で非正規雇用者が搾取されているという実感も多くの方が共有しているのではないかと思います。
しかし、個人的には現状の日本で所得税と法人税を課税強化するリスクはとても高いと思います。

その理由は法人税や所得税の税率を上げたところで、非正規雇用者の生活水準も上がらないし、かえってキャプタルフライトや大インフレを招く可能性があると考えるからです。

課税強化に関しては「金持ちや企業への懲罰」と考えるのか「金持ちや企業に応分に負担してもらって社会福祉や生活保護を重視する」と考えるのかという問題があります。

えてして日本の場合はタテマエが後者でホンネが前者だったりするように思います。
で後者が政策目的だった場合、所得税率や法人税率の上昇によりほんとうに税収が上昇しなければなりません。
(ここらへんは消費税と同じです。)
しかし、所得税を上昇させた場合、高額所得者は海外へ移住したりそうでなくても単純に前より収入に対するインセンティブがさがり、働かなくなり、結局歳入がそれほど伸びない可能性があります。これだけで国全体としては歳入だけでなく、消費、投資の観点から多くの富が失われることになります。

法人税の場合、事態はさらに深刻です。
キヤノンやトヨタが日本から本拠地を移してしまい、工場を海外にどんどん移転させてしまった場合の悪影響ははかりしれません。いろいろと問題のある非正規雇用すら失われてしまいます。
(現に中国企業の多くはケイマンなどタックスヘイブンを登記地にしています。)

「出て行きたいやつは出て行け!」というのは感情としてはわかるのですが、本当にそうなってしまうと大変です。旧社会主義国がベルリンの壁や38度線で国境を封鎖していたのもおそらくこれが一因と思われます。

前回までのまとめにあったように日本国債を担保しているのは結局日本への信用そのものです。
大企業と資産家が我先に移住してしまうような国はGDPや経済力の低下も避けられないでしょうし、そうなると結局国債破綻→ハイパーインフレは避けられません。
ちなみに不景気+インフレは死ぬほど低額所得者や生活保護者にはきついものです。なんとしてもこのシナリオは避けたいところです。

どうしても金持ちに対して応分の負担を、というのであればフローに課税する所得税、法人税よりストックに課税する相続税のほうが消費への悪影響も少なく、社会的正義にもかなうのでbetterだと思われます。
posted by たけ先生 at 19:51| Comment(32) | TrackBack(2) | 債権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
政府内や産業界で、なぜ、戦後あった税制はだめで、諸外国ばかりみならうのか、日本には日本にあった税制や、アメリカ型資本主義ばかりではなく、日本版修正資本主義もあってもいいかなとおもって、疑問におもったので、1意見を発してみました。
ただ、難しい経済の話はよくわからないところもあり、どういう政策をとればいいのかは、私にはそう簡単にはわからないのですが個人的に人命や、基本的人権はなによりも最優先にしてほしいと、政府にお願いしたいですね。
ところで、問題の最初にもどりますけれど、アメリカの大投資家がどのような発言をしているかに注目をしてみました。
揃いもそろって、ドルや、アメリカ経済に悲観的なのは気になります。とくに、ジョージ、ソロスが、2007年はアメリカはよくないだろうと言ってるのが気になりますね。こうなると、確率論的に考えて、ドルは、買いにくいですね。まあ、リスク管理的に考えて、外貨を持つべきであると考えているので、ほかの通貨を持とうかと思いますが。日本には、強気かなと見てそうなので、心強いのですが。
Posted by うんと at 2006年09月18日 22:13
こんばんは。

そろそろ、なるべく簡素で、国民内部での争いが起こらないイデオロギー中立的な税制にしていくべきだと思います。

以下は、識者の意見などを参考にして考えた私案です。全員の顔を立てるというような古い税制でなく、世界があっと驚くような先進的な税制を制定してほしいものです。

所得税=15%フラット又は15%/25%の二元税率、控除は基礎控除と児童扶養控除のみとし、サラリーマンでも確定申告できる簡易な制度にする。

投資関連の税金=15%、所得税率に合わせる 

消費税=10%+累進課税(ぜいたく品)、低所得者層には払戻し制度を認める

法人税は減税 ∵国際的にみて、まだ高い

高額納税者への配慮(おそらく、ここがポイント)
・累進部分は、目的税化して、低所得者層の福祉以外には使えないようにし、高所得者層に納得して納税してもらえるようにする。
・所得税ではなく、消費税を累進課税化することで、納税するかしないかの判断を納税者である高所得者層に委ね(納税したくなければぜいたく品を買わなければよい。)、無理やり高額の税金を払わされるという感覚を弱める。
・法律が許す限度で、高所得者のニーズにあった恩典を認める。高所得者の絶対数は少ないので、大した出費ではない反面、高所得者の不満が弱まるので費用対効果が高いと予想される。
















Posted by PALCOM at 2006年09月18日 22:42
こんばんは。

国債問題、熱い議論になっていますね。

さて、GREE(SNS)ですが、このコメント
と一緒に入力した私のメールアドレス宛に
メールくだされば、ご紹介できます。

もし入力メールアドレスをご確認できない
場合には、下記のアドレス宛にメール
いただければと思います。

nextsurf@goo.ne.jp

山本
Posted by Sky at 2006年09月19日 01:46
読者のなかに誤解している人がいるといけないんで、ちょこっと補足しておくと、私の意見は、別に社会主義を目指すわけじゃないです。私の考えている税制はベターだと思いますが、これ以上議論しても意味がないし、したくもないんですが、
PALCOMさんの考える税制に興味を持ったんで、
消費税は、食料品とか、医療費あたりは、0%にしたほうがいいかと思いますが、どうでしょうか?
Posted by うんと at 2006年09月19日 07:16
うんとさん、こんにちは。

食料品とか、医療費などは軽減税率にしている国が多いですね。ただ、どこで線引きするかで必ずもめますし、生活必需品も地域で異なるため(例えば、北海道では灯油が必需品)、税額控除方式した方がよいという識者の提案がありました。それをそのまま掲載しました。

税金に関しての議論を私なりに整理しますと、以下のようになると思います。

ケース1(高度経済成長期の日本)
 10人全員年収700万円
 総年収:7000万円
 総幸福度:10段階で7が10人=70

ケース2(現在の日本)
 2人年収100万円、7人年収300万円、1人年収1億円
 総年収:1億2300万円
 総幸福度:1×2人+3×7人+10×1人=33

ケース3
 10人年収100万円
 総年収:1000万円
 総幸福度:1×10人=10

うとんさんのご意見は、@ケース2よりケース1のほうがよい状態だという価値判断をした上で、Aケース1を達成するためには、法人税アップ+累進強化が必要というご意見といえます。

これに対するたけ先生のコメントは、@の価値判断を否定するものではありません(ケース1とケース2のどちらがよいかというのは、論理的には決まらないはずです。)。たけ先生のコメントは、Aが疑問であるという意見といえます(おそらく、ケース1にならずに、ケース3になってしまうという意見。)。その根拠としては、グローバリゼーションが進展した上に、日本の労働者の賃金が他国に比べて高いので、企業の海外移転を促進してしまうということです。







Posted by PALCOM at 2006年09月19日 19:01
法人税に関して、私見を述べさせてもらいますと、
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/084.htm
を見てください。経済がもっとも成長されているとされる、アメリカでの税率は、ヨーロッパ各国に関して、高くなっています。
この表をみてみると、法人税と、企業の強さに相関関係があるとは、思えないとみえました。
法人税が高くなったら、多少は海外にいくのかもしれません。
しかし、低くなったところで、企業力がつよくなるとは思えないのです。
Posted by うんと at 2006年09月19日 20:08
コメントありがとうございます。

PALCOMさん、私の冗長な記載を簡潔に表現していただきありがとうございます。まさに我が意を得た思いというか私もこれくらいの表現力が欲しいです。

職業柄私もどうも格差社会は好きになれず、実はケース@の社会が実現するならケースAよりbetterと考えています。

しかし、ケース@はグローバリゼーションの中では相当に実現困難であり、ケース@を目指した国はケースBになるのでは、と危惧しています。

法人税率については今の段階でアメリカと並んで世界最高水準である、という認識は同じです。
もっとも、日本は従業員の社会保険の負担が重いのでやはりアメリカより厳しいと思いますが・・・。

うんとさんのご意見では「引き上げ」というニュアンスがあったので、さすがにこれ以上法人税率を引き上げるのはまずいんじゃない??との思いで書き込みました。

引き下げれば引き下げるほどいいかは微妙ですよね。引き下げたぶんどんどん価格転嫁すれば他国が怒るでしょうしね。
Posted by たけ先生 at 2006年09月19日 22:34
難しい問題なので、議論は尽きませんね。
議論が迷走しないように、なるべく事実のみを書きます。

@アメリカの法人税率ですが、ニューヨーク市場に上場している大企業の60%はデラウェア州(ニューヨークとワシントンの間にある州で、米国内の租税特典州として有名)に本店を置いています。従って、ニューヨーク州の法人税率をもってアメリカの法人税率とすることは妥当ではありません。デラウェア州での事業活動に対する法人税率は8.7%です。消費税はありません。

Aアメリカを除くと、最高の法人税率となっているのは、ドイツと日本です。

B日本には、無尽蔵の労働力を抱える中国に近いという地理的な特殊性があり、製造業の海外移転が起こりやすい。

C日本の企業は、正社員の解雇が困難であるなど、アメリカの企業に比べて過大な社会的責任とコストを負わされている可能性が高い。

D社会保険料や高速道路料金、ガソリン代その他、見えない税金が非常に高い。

E法人税の実効税率が40%から50%になるのは、サラリーマンの年収がいきなり600万円から500万円になるのと同じこと。




Posted by PALCOM at 2006年09月20日 08:30
補足させていただきます。

デラウェア州の法人税率8.7%は州税です。州税がゼロの州もあります。

デラウェア州の特徴は、デラウェア州外での事業活動については州税を課していないことです。

つまり、企業は、実際には、ワシントンやニューヨークで事業活動を行うので、デラウェア州に州税を支払う必要はなく、結局、法人税の実効税率は連邦法人税35%ということになります。

日本の場合、法人税率の高さもさることながら、企業に社会的負担が集中しているという面を見逃すべきでないと思います。


Posted by PALCOM at 2006年09月20日 09:41
うえの議論に関して、補足させていただきます。
まず、日本とヨーロッパとの比較において
法人税率は、平均的に、日本のほうはたかい。
国民の物質的な豊かさは、詳しいデーターは見つかりませんが、ヨーローパ人は、よく、日本のほうが、上であると聞かれる。
浮浪者は、不況下においても、日本人のほうがはるかに少なかった。
個人的に意見をいわせてもらいますと、法人税率をさげ以下に、みかけの経済成長率があがり、一部の大会社ばかり、増収増益でも、平均的な物質的な国民の豊かさがすくなくなり、街に浮浪者があふれでるようじゃだめだと思います
Posted by うんと at 2006年09月20日 13:54
すいません、私にはどうしても庶民的なみかたしかできないです。だから、現在の赤字の要因は法人税や累進課税の引き下げの要因が大きいのが好きではないのです。
http://www.kokuminrengo.net/2006/200602-tax-tnym.htm

また、海外移転ともいいますけれど、特に世界中にネットワークのある大企業は昔から移転できたわけです。また、金持ちは情報は集まっていたしね。
Posted by うんと at 2006年09月20日 15:38
また、累進課税は社会主義思想という意見もありますが
累進課税は別に社会主義国家の必要条件でも十分条件でもありません。これらは資本主義国家においても多く見られるものです。
Posted by うんと at 2006年09月20日 17:06
また、累進課税は社会主義という意見もありますが
累進課税は別に社会主義国家の必要条件でも十分条件でもありません。これらは資本主義国家においても多く見られるものです。
Posted by うんと at 2006年09月20日 17:07
経済成長の点で、考察しますと、
経済成長に一番重要なのは、国内総生産の2/3を占める消費なのです。企業の力ばかりでは、結局、外需頼みになるのです。
そのために、消費をおさえる消費税を増やすのは反対なのです。特に日本は貯蓄好きなので、消費税は、さらに消費を抑える効果が高くなると懸念するのです
Posted by うんと at 2006年09月20日 18:02
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/084.htm
のアメリカの法人税についてですが、アメリカの産業的な首都は、法人税のたかいニューヨークで、もっとも栄えているのもニューヨークだと思いました。
Posted by うんと at 2006年09月20日 19:08
経済に与える重要度を考えると
上記と、http://mental-invest.seesaa.net/article/23907885.html#commentに述べた理由によって


消費税>所得税の累進課税、法人税、相続税
になると思います
これによって、私の述べた税制がベターであると
考えるわけです
Posted by うんと at 2006年09月20日 20:05
訂正
消費税>所得税の累進課税、法人税、相続税
→消費税>所得税の累進課税、法人税、相続税
で、引き上げにより、経済に負の影響を与える
Posted by うんと at 2006年09月20日 20:07
あと、私が本当にいいたかったのは「出て行きたいやつは出て行け!」では、なく、実際にでていく人は少ないのではないかということです。誤解をまねいたのなら失礼しました。
Posted by うんと at 2006年09月20日 21:28
こんばんは。

あまりコメント欄を私物化するのはどうかと思いますので、本件ついては、これをまとめのコメントにさせていただきます。

所得税・法人税と消費税の根本的な差は、前者が「利益」に対して課せられる税金だということです。累進税率の強化や法人税率のアップを選ぶということは、資本主義における勝者の負担が増すことを意味します。従って、累進税率の強化や法人税率のアップは、資本主義とはベクトルが逆の考え方といえます。「行過ぎた」累進税率の強化や法人税率のアップは、資本主義に対する過度の抑制につながる可能性があり、長期的には国力が弱まる確率が高いのではないかというのが、私個人の抱く最も大きな懸念です。

短期的な経済成長に与える影響は、正直に言って、よく分かりませんが、仮に法人税率をアップしたとしても、企業が給与カットに走ったり、工場を外国に移転したりすれば、結局、ツケは庶民に回るだけのような気もします。所得税の累進税率についても、税率が50%を超えるとアングラマネーが顕著に増えるそうです。従って、短期的な経済成長に対してどちらが悪影響を与えるかという議論も実のある議論にはならないと思います。

むしろ、グローバル化した現在、日本も世界の標準的な税制から大きく外れることはできないことを前提として、その際に問題になるのはどこかという視点で考えたほうが建設的だと思います。個人的には、累進税を福祉目的に使用するための税金であって、結果平等を指向するための税金でないことを周知徹底すべきだと思います。使途を福祉目的に限定すれば、低所得者層の生存権も保証されますし、不必要な累進税率のアップも避けられるので、世界の標準的な税率で済むのではないでしょうか?

Posted by PALCOM at 2006年09月20日 23:23
熱くなって、つい書きすぎてしまいました。
本来なら、人様のブログでなく自分でブログ作って、そこで、好き勝手書くべきではあるとは思いますが、管理人に迷惑をかけたのなら、お詫びします。別に管理人が嫌いなわけでなく、それなら、最初からみてないわけで
私のいいたいことは、だいたい言ったので、それでは失礼します
Posted by うんと at 2006年09月20日 23:48
はじめまして。
たかぼんと申します。
人様のブログを見ながら、恐る恐る株の売り買いをしている大学生です。
鋭い分析を見せていただいて、すごく勉強になりました。
↓こんなコミュニティーサイトで自分のページを持っているので、よろしくお願いします。
http://kabucome.jp/
Posted by たかぼん at 2006年09月21日 18:43
はじめまして。
たかぼんと申します。
人様のブログを見ながら、恐る恐る株の売り買いをしている大学生です。
鋭い分析を見せていただいて、すごく勉強になりました。
これからも愛読させていただきます。
Posted by たかぼん at 2006年09月21日 18:44
skyさん。
試してみたのですがメールが送れませんでした。
アドレスに何かセキュリティをかけていらっしゃるでしょうか??

たかぼんさん。
コメントありがとうございます。
是非又遊びに来てくださいね。

うんとさん、熱心なコメントありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
Posted by たけ先生。 at 2006年09月23日 20:38
PALCOMさん。
いつも本当にお世話になっております。

少しご相談をお願いしたいことがあるのですが、こちらのメールにご連絡をいただけないでしょうか??
Posted by たけ先生 at 2006年09月23日 20:39
すいません。
PALCOMさん
メールはmed-lc@srg-m.comです。
Posted by たけ先生。 at 2006年09月23日 20:40
書き込むenglish amatuer porn nsm http://amatuer.bluesauce.com/english-amatuer-porn.html english amatuer porn
amatuer pictures of girls nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-pictures-of-girls.html amatuer pictures of girls
japanese free amatuer sex clips nsm http://amatuer.bluesauce.com/japanese-free-amatuer-sex-clips.html japanese free amatuer sex clips
live amatuer sex cams nsm http://amatuer.bluesauce.com/live-amatuer-sex-cams.html live amatuer sex cams
denver women amatuer nsm http://amatuer.bluesauce.com/denver-women-amatuer.html denver women amatuer
free amatuer dog sex pics nsm http://amatuer.bluesauce.com/free-amatuer-dog-sex-pics.html free amatuer dog sex pics
picking up amatuer girls nsm http://amatuer.bluesauce.com/picking-up-amatuer-girls.html picking up amatuer girls
amatuer kansas porn nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-kansas-porn.html amatuer kansas porn
couple amatuer porn nsm http://amatuer.bluesauce.com/couple-amatuer-porn.html couple amatuer porn
amatuer porn mpeg nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-porn-mpeg.html amatuer porn mpeg
uss amatuer porn nsm http://amatuer.bluesauce.com/uss-amatuer-porn.html uss amatuer porn
real amatuer women movie clips nsm http://amatuer.bluesauce.com/real-amatuer-women-movie-clips.html real amatuer women movie clips
girl porn amatuer nsm http://amatuer.bluesauce.com/girl-porn-amatuer.html girl porn amatuer
virus free amatuer porn nsm http://amatuer.bluesauce.com/virus-free-amatuer-porn.html virus free amatuer porn
free teen amatuer porn nsm http://amatuer.bluesauce.com/free-teen-amatuer-porn.html free teen amatuer porn
amatuer sex vidz nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-sex-vidz.html amatuer sex vidz
oral amatuer sex nsm http://amatuer.bluesauce.com/oral-amatuer-sex.html oral amatuer sex
amatuer indian girls pics nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-indian-girls-pics.html amatuer indian girls pics
free amatuer sex galleries nsm http://amatuer.bluesauce.com/free-amatuer-sex-galleries.html free amatuer sex galleries
phone sex amatuer nsm http://amatuer.bluesauce.com/phone-sex-amatuer.html phone sex amatuer
search amatuer wife gallery sex nsm http://amatuer.bluesauce.com/search-amatuer-wife-gallery-sex.html search amatuer wife gallery sex
amatuer porn tryout video nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-porn-tryout-video.html amatuer porn tryout video
amatuer tryouts sex nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-tryouts-sex.html amatuer tryouts sex
porn seattle amatuer nsm http://amatuer.bluesauce.com/porn-seattle-amatuer.html porn seattle amatuer
amatuer mature women mpgs free nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-mature-women-mpgs-free.html amatuer mature women mpgs free
free swinging amatuer couples having sex video nsm http://amatuer.bluesauce.com/free-swinging-amatuer-couples-having-sex-video.html free swinging amatuer couples having sex video
elephant list amatuer porn nsm http://amatuer.bluesauce.com/elephant-list-amatuer-porn.html elephant list amatuer porn
mobile phone amatuer sex pic nsm http://amatuer.bluesauce.com/mobile-phone-amatuer-sex-pic.html mobile phone amatuer sex pic
amatuer porn star nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-porn-star.html amatuer porn star
amatuer sex art nsm http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-sex-art.html amatuer sex art
Posted by english amatuer porn at 2006年10月03日 11:55
空色といいます。
すっかり議論に乗り遅れた観がありますが、コメントさせていただきます。

私は後述の1点を除いて、PALCOMさんの意見に全面的に賛成です。
やや違う視点から意見を述べると、私としては、単に税負担の高低を論じるより、税負担と国民が現在国から受けている恩恵の比較考量で考える必要があると思います。
現在の財政赤字は、突き詰めると、国民全体が現在国から受けている恩恵は、国民の負担額(納税額)を大きく超過している、という問題に行き着くと思います(恩恵を受けているのはゼネコンや高齢者など一部の国民に過ぎないという反論は、国民葬互換での利益配分の問題なので無視します)。
私としては、この点は経済成長による税収増で解決できるレベルではないので、ある程度の増税は止むを得ないと考えています。あるいは、増税がケシカランというなら、現在国民が国から受けている恩恵を削減する必要があるのではないかと思います。


>PALCOMさん

PALCOMさんのコメントの中で、消費税の累進課税という意見が消化できなかったので、質問させてください。

私としては、
(1)課税対象商品の「贅沢度」に応じて消費税率を調整
(2)納税者の所得に応じて消費税率を調整
のどちらなのか理解が至りませんでした。

また、
(1)と考えると、消費税導入に合わせて廃止された物品税等の個別の間接税のようなイメージなのかなと思いますが、物品の種類に応じて税率を決めるのは大変でしょうし、高税率が設定された商品の需要が落ち込むだけのような気がします。
(2)と考えると、確定申告時に不足分を納税者が追加納税する(又は過払分を納税者に直接還付する)ことになるのでしょうが、そのためには確定申告の際に「その年に何にいくらお金を使ったのか」をすべて申告する必要がありますし、いわゆる未払消費税の取扱いをどうするのかという問題があります。そもそも、国と納税者が直接税金をやりとりするようになったらもはや消費税(間接税)とは言えないのではないかと思います。

この点はどのようにお考えでしょうか。

(たけ先生、コメント欄を伝言板のように利用してしまいすいません)
Posted by 空色 at 2006年10月08日 12:53
空色さん、こんにちわ。

(1)の考え方です。
物品の税率に応じて税率を決めるのは、生活必需品には軽減税率を適用するという方法で、既に諸外国で採用されていますが、それと逆の発想でぜいたく品に高額の税率を適用するという考え方です。

もちろん、異なる税率を採用するのは大変なのですが、物品を、@生活必需品<A中間品<Bぜいたく品と分けたときに、@とAの線引きよりは、AとBの線引きのほうがまだ簡単だと思われます。

ぜいたく品の場合、もともと値段はあってないものというか、都心の高級マンションなどでは値段が高いほど喜ばれるということもあるらしいので、高税率が設定されることによる消費の低下は、生活必需品ほどではないのではないでしょうか?また、所得税率をフラットにしてあるので、消費に回してくれるのではないかという希望もあります。

消費税の累進税率化というのは一つのアイデアですので、色々問題はあると思いますが、低所得者向け市場と高所得者向け市場への二極分化が避けられない以上、税制も上手くそれを取り込む必要があるように思います。
Posted by PALCOM at 2006年10月08日 19:18
ちょっと独り言です
私の考え方は、ベストセラー10万部以上を連発してだしている職業Kのかたの考えです
信者も多いが半信者もおおいのですが
すいません。一人ごと失礼しました
Posted by うんと at 2006年10月09日 03:06
職業Kだと幅が広いので実名をあげたほうがいいだろうと思ったので
1部上場の経営コンサルタント
の会長をしてらっしゃる船井幸雄です
著作名は忘れました。
すいません

PALCOMさん、管理人さん、何も今から論戦や反論をしようとする意図ではないので、ご迷惑をおかけしましたのなら失礼します


Posted by うんと at 2006年10月09日 03:59
なんか私のいってることがわかってもらえたかわからないか微妙なので。
私の言いたいことは1つ稚拙で幼稚な言動だということにたいする反論です。
そして、2つ目は確率論的な人物の否定です。
私のいいたいことをわかってくれというのは、その後の優先順位で極論をいえばまあどうでもいいことなのでよろしくお願いします
すべてを明らかにするのは本意ではないので。
どうかよろしくお願いします
管理人様、すいません。たびたび書き込みさせてもらいまして。
Posted by うんと at 2006年10月11日 03:40
>PALCOMさん

御教示ありがとうございました。理解できました。
欧米の例は承知しています。個人的には生活必需品の方が定義しやすいと思うので(例えば、大型プラズマTVが贅沢品かどうかは所得水準によって意見が分かれると思います)、一般的に高い消費税率を課して生活費授受品だけ特別扱いする方が簡単かなと思います。
とはいえ、そこは主観の問題なので、議論には適しませんね。生活必需品と贅沢品で消費税率に差を儲けるという案には賛成ですし、税制も社会の二極分化をうまく取り込む必要があるという御意見はまったく同感です。
それでは。
Posted by 空色 at 2006年10月12日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

できる人とは?
Excerpt: できる人とできない人の大きな違いとは?意外に気がつかない秘密が密かに隠れています。〜 経済力アップの秘訣とは? 〜
Weblog: 男磨き塾!日本を支える男たちが仕事・経済・恋愛・ファッションで輝きだす瞬間とは?
Tracked: 2006-09-19 00:26

やっと努力が報われて。こんな事はじめて!
Excerpt: 自由自在に知恵で動く!信頼の実績が他者を寄せ付けづに独走中。迷っていたら時間がもったいない。
Weblog: キングスレーキャピタル
Tracked: 2006-09-24 08:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。