2006年11月09日

民間医療保険の問題A〜イチゴ摘み

こんにちは。

前回の続きで、医療をマーケットに任せた場合の克服すべき問題点を考えてみます。

今日は民間医療保険の「イチゴ摘み」と呼ばれる問題を考えてみたいと思います。

まず、確認しておくべきことは
「リスクを引き受ける代わりにプレミアムとしての保険料を前払いしてもらい、運用する。」
という保険業のビジネスモデルです。

かのバフェットも「リスクをきっちり管理すれば保険業はかならず儲かるビジネスである」趣旨の発言をし、実際GEICOに投資しています。

このことを投資家風に考えると「リスクの高い人からは多く保険料を取ればいいし、リスクの低い人からは保険料を取らなくていい」ということになります。

当然のことのようですが、実はこれがイチゴ摘みを生み出すメカニズムです。

次回は続きです。
posted by たけ先生 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27132148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。