2006年12月03日

いわゆる「医師不足」と日本の医療費について

こんにちは。
今日はまた医療問題について書いてみようと思います。
株式投資から少しはなれていますが、トピックスでもありますし、どうかご容赦ください。

最近知ったのですが、yahooの国内カテゴリに「医師不足」という項目があるようです。それほど医師不足は話題になっているようです。

まずは国際比較です。

日本の人口当たりの医師数は、2000年のOECD(経済開発機構)データで加盟29ヶ国中26番目という低さです。人口10万人当たりの医師数は、

イタリア   4,10
フランス   3.29
ドイツ    3.26
スペイン   3.13
スウェーデン 3.04
アメリカ   2.21
日本     1.93

となっています。この数字は医療費のGDPに対する割合とも良く相関しています。

ところで、医師数の過剰、不足は一意には決められません。
医師数が過剰かどうかはどのようなサービスを患者さんが要求するかによります。
たとえば年収5000万(資産3億でもいいですが)以下の人は病院にかかれない世界なら、日本の医師はとっくに過剰です。

しかし、上記のデータから確実にいえるのは欧米並みの医療水準を国民が要求するのであれば医師数は絶対的に不足している可能性が高いということです。
しかし、現実には日本は世界一の長寿国であり、WHOの国際比較でも日本の医療は第1位に評価されています。

このことから以下の結論が導かれます。

日本は国際比較上、極めて安い医療費で世界有数の医療水準を維持してきた。

医師をたたけば視聴率がとれると考えるマスコミは決して評価してくれませんが、これは国際的に認められている事実です。
目立たない奇跡といってもいいかも知れません。
少なくとも、効率的で公平な医療の提供に関しては、日本は世界でもっとも成功していたわけです。

この陰には日本の病院勤務医や看護師の慢性的な過重労働があります。
世界中、一睡もできない当直の翌朝にまた医師が外来診療している先進国など有りません。
こうした勤務医の奴隷労働が日本の医療の奇跡を支えてきたのです。

そして、今医療現場で起こっていることは勤務医の燃え尽きです。
燃え尽きた勤務医が過酷な労働現場から逃げ出すことは即病院の診療が崩壊することを意味します。

これが「医師不足」の正体です。
財務省に言わせれば不足しているのは「ただ同然で過重労働し、決して燃え尽きず医療ミスを犯さない奴隷勤務医」なのでしょう。
マスコミは「赤ひげの志」という言葉で奴隷不足を批判します。

問題解決のためには勤務医の待遇向上が必要です。
病院の医師数を倍に増やせば、勤務医の労働条件は大幅に改善します。

しかし、医療費がかさむ、その一点で勤務医の待遇向上は否定され続けてきました。その結果医療崩壊が進行しています。

これに対してマスコミは「医師数は不足しているわけではない。若者が過酷な診療科や地方勤務を避けているのがいけない。」を批判していますが、次回はこの批判がいかに的外れであるかを書いていきたいと思います。
posted by たけ先生 at 18:37| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めての書き込みとなります。
たけ先生のHPは1年程前から拝見してます。

私の叔母が地方都市で病院を経営している関係から、内部事情は一般の方より理解しているつもりです。

このように医者の側からの発言を、マスコミでもっと取り上げることが必要なのですが、現状は絶望的です。特にテレビはお涙から取れる視聴率が至上ですから、今後も医者側からの意見はあまり発信されないでしょう。

残念なことですが、先生のようにネット上で少しづつ発言されるしか、抵抗・改善はされないのでしょう。

このままではなるようにしかならない、という諦めの結論をわたしは出してしまっておりますが、いずれ歳を取り、身体にガタがきた時、私にも医療の問題が降りかかってきます。

今後も株を続けて、余裕資金をつくるしかありませんね。将来高額な医療を受けられるようにする為にも。

Posted by 八百 at 2006年12月06日 22:39
八百さん。

はじめまして。
マスコミ、特にワイドショーは短期的な視聴率が全てです。
医療崩壊が進めば進むほど「病院に満足にかかれず死んでしまった患者さんと泣き崩れる遺族の絵」がたくさん撮れ、コメンテーターが医者をバッシングして視聴率が取れます。
むしろテレビは飯の種が増えてうれしいのかもしれませんね。

「医療は不確実であり不確実性を減らすにはコストがかかる。」
投資をなさっている方ならこの事実は簡単に受け入れられると思いますが、そうでない方が多いのも事実です。しかし投資家は大なり小なり日本社会に影響を及ぼせる立場の方が多いと信じています。

投資家の方が少しでも医療問題に関心を持っていただければ、この問題にもほのかな希望が見えるかもしれないと、微力な抵抗をしております。
また是非書き込んでください。
Posted by たけ先生 at 2006年12月07日 21:29
医師数を増やすのは賛成だけど、別にただ、医師数を増やせばいいってもんじゃない。

アメリカの方が医師数が多いけど、医療サービスレベルは最悪ジャン。
薬剤費、材料費が高い、受診回数が多いとか問題あるし。問題はそんなに浅くないよ
Posted by at 2007年05月06日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28822520

この記事へのトラックバック

75 歳を迎えられるみなさまへ
Excerpt: 75 歳の誕生日を 2 週間後に控えたある日、あなたに役所から一通の手紙と一枚の
Weblog: 道標 Guideboard
Tracked: 2007-06-22 22:51

★医師の時短に補助金
Excerpt: 医師の時短に補助金 交代制や柔軟勤務 国が病院支援 読売新聞2007年8月24日(金)夕刊トップ遊び呆けてもゼニが貰える減反農家 医師不足で患者ホッタラかしでもゼニが貰える病院 何で..
Weblog: 自然食だから健康。自然食は、有機・無農薬の野菜・玄米・雑穀・果物だけ。自然食は、化学肥料・農薬・食品添加物=合成化学物質=環境ホルモンの汚染が無いから72歳爺も60兆の細胞・核・染色体・DNA・遺伝子が健康
Tracked: 2007-08-24 18:09

高齢者医療のあるべき姿
Excerpt: 神戸市東灘区医師会医政研究委員会答申 2008.3 高齢者医療のあるべき姿 PD
Weblog: 神戸市東灘区医師会
Tracked: 2008-04-15 11:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。