2006年12月29日

06年度リターン

こんばんは。

今日で大納会も終わり、今年の株式市場も終了です。

私の今年のリターンを記録しておきます。

日本株・・・-6.5%

中国株・・・+93.3%

米国株・・・+12.2%


総合リターン・・・+46.2%


2006年は色々な出来事がありました。

ライブドアショックとこれに引き続く新興ネット企業の会計不信、村上ファンド解散、マザース、ジャスダックなど新興株式市場の不振、個人投資家の損失・・・。
終わってみれば日経平均は上昇しているのですが、多くの個人投資家にとって厳しい一年だったのではないかと思います。
私の日本株ポートフォリオは小型バリュー株に偏っていたため、トータルリターンはマイナスになりました。

反面、米国株、中国株など海外株式市場はおおむね好調で私も随分救われました。

トータルでは前年よりわずかに劣るものの、自分としては満足のいくパフォーマンスを出せたと思っています。

来年はおそらく「平均への回帰」により中国株より日本小型株のほうが期待できるように思っております。

最後に、今年も1年間お疲れ様でした。

来年もよろしくお願いいたします。
posted by たけ先生 at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
06年はお世話になりました。
「平均への回帰」のお話は、私もそうなるのではないかと思っています。年初からしばらくは大型株が続くかもしれませんが。

今年は中国株が好調でしたね。
私はETFが主な組み入れ銘柄ですが、それでも2倍のパフォーマンスが出たのには驚いています。日本株で一生懸命に銘柄分析をしていたのは何だったんろうと・・・。
Posted by AKI at 2006年12月31日 15:21
そういうもんですよね。
効率的市場仮説もあながち馬鹿にしたもんではないですよね。

kappa先生も薦めていますが、長期的にvalue indexを上回るのはちょっとやそっとじゃ無理だと思います
。最低限の条件としてプロがカバーしていない時価総額の小さな銘柄であることが必要と思います。

僕らのファンダメンタル分析が機関投資家より優れている保証はないですしね。

今年もよろしくお願い致します。
Posted by たけ先生 at 2007年01月02日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30497616

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。