2005年05月11日

人民元切り上げ??

ここのところ、すっかり噂になっている人民元切り上げです。
中国株をやっているとこの人民元切り上げ問題と非流通株放出問題に年中振り回されている感じです。

人民元切り上げは基本的には巨額の貿易赤字を抱えるアメリカが強く強く中国に要求しているため話題になりますが、いつまでも自国通貨を不当に安いまま流通させておくと、中国国内が人民元でじゃぶじゃぶになってしまい、インフレを引き起こすリスクがあるので、いずれは人民元の切り上げは避けられないでしょう。人民日報の報道によるとその日は遠くないようですが、さてどうなることですか。

目下中国株はH株、本土株とも軟調です。
理論的には

人民元がきりあがる→元立て資産や収益の価値が上がる→内需系の企業の株価は上がる
  
         →反面中国の輸出企業は収益が厳しくなる

といった効果が予想されます。特に香港ドルがドルにペッグしたままだとすると、香港ドル建てのH株の株価はその分上昇するかも知れません。ただし、非流通株の放出により需給が悪化するリスクもあり、短期的には予想が難しそうです。

短期的な予想は難しいのですが、やはり長い目でみれば中国株のファンダメンタルズは良好で、かつあれだけ経済が過熱しているにもかかわらず、上記のリスクのため株価の上昇が伴っていないため、今は(評論家みたいで嫌ですが)買い時かもしれませんね。


posted by たけ先生 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

香港ドルも過熱気味
Excerpt: 先週の国会で、人民元と円相場について質問された谷垣財務大臣は次のように答えました。 「人民元制度変更が円に跳ね返ってくる影響はなしとはしない。しかし、別物と考えることが基本線と思っているので、人民元..
Weblog: 為替王
Tracked: 2005-05-16 13:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。