2007年03月28日

アメリカ住宅価格指数下落の衝撃

こんにちは。

昨日から今日にかけて、また株安、円高が進行しています。
背景にはあいも変わらずアメリカサブプライムローンへの懸念が存在するようです。

この問題は知ればしるほど先行き不安です。
アメリカの月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み)は年率換算で84万8000戸で市場予想を大きく下回り、前年同月比18%もの大幅マイナスでした。

住宅価格の動向を現すS&P Housing Indexは今年1月に小幅マイナスに転じました。マイナスに転じるのは94年以来14年ぶりだそうです。

アメリカサブプライムローンは要するにゆとりローンと同じです。「2/28」と呼ばれる30年ローンでは住宅購入者は頭金も身分証明もなしに住宅ローンが借りられます。最初の2年間は比較的金利が低いのですが、3年目以降支払い金利が10%にもなります。

当然まともに返せるわけがないのので、住宅価格の値上がりによる転売ないし、値上がり分を担保にした固定ローンへの借り換えが頼みということになります。

いつかどこかの国で聞いたことがあるような話ですが(笑)この幸せが続くためには住宅価格が上昇し続ける必要があります。

もし住宅価格が下落して担保価値が負債額を下回ったら・・・。
これもどこかで聞いたことがあるような話です。
さらに議会民主党は住宅ローンによる担保執行を防ぐために、「略奪的貸付」と認定された貸付については強制執行を禁止する
措置を取ろうとしています。
これもどこかで聞いた話ですが、こうなると塩漬け住宅だらけになり、国中に不良債権が横行しかねません。

グリーンスパン前FRB議長が
「魔法の杖でアメリカの住宅価格を10%上昇させることができればこの問題はすべて解決する。」といったそうですが、まったく正しいと思います。

となるとアメリカはこのあと金利を引き下げていくのでしょうが、その影響はまだまだ計り知れません。
当面円高により日本の輸出企業および外需頼みの日本景気が腰折れする可能性は十分にありうると思います。

PFもこの懸念にそって徐々に入れ替え中です。
消去法的に中国内需、ローテクセクターに着目しています。

売却銘柄
JP:6879 フォトロン
JP:6920 レーザーテック
HK:8201 China Fire

購入銘柄
HK:0171 Silver Grant

HK:0178 Sasa International
posted by たけ先生 at 16:02| Comment(9) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のサイトで、こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/taxinfo/archives/53479723.html
Posted by 税金対策本部 at 2007年03月28日 17:39
こんちには

アメリカサブプライムローン問題ですが、
サブプライムローンを借りている人は、
通常の住宅ローンの審査に通らない
低所得や転売目的の一部の人が利用していると
ビジネスサテライトで放送していたと記憶しています・・・。

一部の人達なので、雇用が確保されていれば、
大多数の人は返済していける、との結論でした。

サブプライムローンを利用している人は、
どの程度なんでしょうかね?



Posted by やっほー at 2007年03月28日 22:20
確か全貸付の13%がサブプライムローンだったと思います。
問題は「大部分の人が返済していけた」のはバブル崩壊後の日本でもおそらく同じだということですね。
信用収縮というのはなかなか区切っておくことが難しいように思うのですが・・・。
Posted by たけ先生 at 2007年03月29日 01:54
>グリーンスパン前FRB議長が「魔法の杖でアメリカの住宅価格を10%上昇させることができればこの問題はすべて解決する。」といった・・・

このように考える国もあれば、「バブルのツケを払わせろ!」「追い貸しはケシカラン!」などと言って債務者も金融機関をも追い込み、国全体に不況を蔓延させてしまう国もあります。
三重野総裁にグリーンスパン氏のような英知があれば、歴史は変わっていたと思います。
Posted by dell at 2007年03月29日 09:25
dellさん、おっしゃる通りと思います。
映画「バブルへGO!」はご指摘の問題点を実に鋭く描いているのでDVDが出たら見てみてください。冗談はさておき、私が日本株にポジティブになれない理由のひとつに政府も日銀もまったく三重野総裁と総量規制の反省を生かせていないように思える点があります。
Posted by たけ先生 at 2007年03月29日 11:59
反省もなにも福井総裁は三重野元総裁の正統なる後継者ですから・・・。政府の側には多少の反省もみられ、「上げ潮路線」を標榜していますが、それも「日銀の独立性」のもとでは風前の灯と言わざるを得ません。安倍政権に日銀法改正に踏み込むだけの膂力があればと思うのですが・・・。非常に残念です。
Posted by dell at 2007年03月30日 08:33
日本のバブル崩壊の元凶はBIS規制だったんじゃないでしょうか。
不良債権、債務超過、塩漬け株なんてものはそれ自体はキャッシュフローが回っているかぎり深刻な信用収縮を引き起こしませんよね(心理的影響はありますが)。中国の銀行も米財務省証券も日本の年金も今のところなんとかなってますし。

サブプライムローンも妙な規制をしなければ大丈夫でしょう。

もちろん新規の貸し出しは減るでしょうが、信用創造という観点では、金借りて家買って金利払おうと家借りて家賃払おうが大した違いはないでしょう。

また、金利ではなくて家賃となるともったいなくなって(錯覚ですが)、住む家の質は下がりそうですが、このことによる消費の冷え込みもあまり無いと思います。サブプライムローンを利用するような人が浮いたお金を消費に回さないとは思えませんから。
Posted by roadster at 2007年03月30日 10:23
roadsterさん、こんにちは。
ご指摘の通りバブル崩壊への寄与因子としては(「バブルへGO!」もそうですが)総量規制やBIS規制など信用収縮を起こさせたことが大きいと思います。ただしバブル崩壊後のデフレが長引いたことについては金融緩和と金融機関への公的資金投入が「too late,too little」だったことが大きいと思います。

ただし個別の政策がどうこうというより問題はその背景です。
こうした不合理な政策の背景には特に団塊世代に強く存在する「清貧の思想」「国家の品格」「天声人語」に代表されるような日本人の小市民的正義感というか反資本主義的感覚のようなものがあるんではないかと思います。
それが上限金利規制やファンドへの拒絶、法人税論議などすべてに悪影響を及ぼしているし、今後も間違った政策を形成するように影響を及ぼすのではないかと危惧しています。
Posted by たけ先生 at 2007年03月30日 11:17
日本人の心性への危惧は全く同意ですが、米国人の心性とか、首脳部の英知は結構信頼していいように思われます。

マネーサプライを激減させるような対処をしない限りサブプライムローン発の世界恐慌は起こらないし、米国首脳部はそういう対処はしないでしょう。

もちろんどういう対処をしても自己破産やそれに伴う土地の売り出しは多少は増えると思いますが、不動産価格のクラッシュは起こらないと考えます。十分な流動性がある、効率的な市場では価格は価値のみに依存し、需給には依存しないはずなので。

よく米不動産価格の軟調に触れ「恐慌の始まりだ。もうダメだ」みたいな記事を見ますが、そういう記者は騰がったら騰がったで「完全にバブルだ。もうすぐ破滅だ」とか書くのでしょう。

米国不動産は収益評価法でも諸外国との比較でもバブルというような水準ではありません。最近の軟調さはフロスのバブル化を回避する正常な調整ではないでしょうか。

ゴルディロックス経済の当面の死角は日本の上限金利問題だけと考えています(長期には米国の双子の赤字とか戦争とか環境とかありますが)。




Posted by roadster at 2007年03月31日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37084599

この記事へのトラックバック

中国株で資産10倍計画!
Excerpt: 【365日間返金保証付き】 1億円儲けた中国株投資法
Weblog: ネット情報Nabi
Tracked: 2007-03-31 02:46

フォトロン 6879
Excerpt: 今週の結果010→975)【-35】6879 フォトロン(551→546)【-5】8907 フージャースコーポレーション(124,000→115,000)【-9,000】9702 アイ・エス・ビー(1..
Weblog: おすすめ!株の個別銘柄
Tracked: 2007-04-05 10:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。