2007年07月13日

円キャリートレードについての考察。

こんにちは。

昨日はNY株は大幅高でしたね。
Wal-Martなどアメリカ小売企業の6月月次売上が好調でアメリカ経済の底固さと強さが確認された、との見方が優勢となり一気にブルマーケットになった感があります。

為替も1日だけ円高になったものの、すぐに押し戻されてしまいました。
現在の円安は購買力平価で考えるとさすがに行き過ぎとも思われます。
円安については「金利差に着目された円キャリートレード」という説明がよくなされています。

円キャリートレードなどというと機関投資家やレバレッジをギンギンに効かせたFXトレーダーがイメージされますが、どうも実態はそれだけではないようです。

むしろ寄与度としては高齢者個人を中心とした外国債権や外国株投資信託に対する資金流入が大きいとの説もあります。
ちまたでは「円キャリートレードの巻き戻し」が良く懸念されますが、投資信託に預けてるおじいちゃん達は果たして3円や4円円高になったり日銀が1%程度金利を引き揚げたくらいで投信を解約するのでしょうか?

彼らが本当に金利差だけに着目しているならそうかもしれません。
しかしもし彼らが(無意識のうちにでも)円資産のポジションを減らしたいという気持ちがあった場合話は違うかもしれません。
すなわち「日本は少子化により低成長が続くだろうから、この先も円高は考えにくい。国債がパンクするからどうせ長期国債金利や預金金利はある程度以上は上げられないから金利差は継続する。仮に金利が上がったらそれはそれで日本国債がパンクして円安になるだろうからどう転んでも円高はありえない。」という考え(あるいは予感)があった場合は多少の円高でもロスカットしないかもしれません。

もしこの考えが正しいならこれほどの購買力平価の差にもかかわらず円安水準が継続しても不思議は無いのかもしれません。


新規購入ETF

DFE Wisdomtree Europe Smallcap Dividend

2836:HK Ishares BSE SENSEX India ETF
posted by たけ先生 at 20:55| Comment(8) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も今回の円安は単純な金利差だけではないと思います。

金利を上げると国債の利払いでパンクする。この問題を解決するには金を刷りまくってインフレにするしかない。日本円で持っていたら大損だから外貨に逃げる。
そんなとこでしょうか。

しかしこれだけの借金をこの少子化で誰が返済するのだろうか。
Posted by 匿名 at 2007年07月14日 00:06
>しかしこれだけの借金をこの少子化で誰が返済するのだろうか。

やはりそう思いますよね。
将来に禍根を残さないためには資産課税するしかな→しかし政治的にも金融不安的にもそんなことはできない→実質的な資産課税であるインフレ(=円の価値の切り下げ)が起こる→早めに外貨や株に換えておこう、という不安(もうちょっと漠然とした不安かもしれませんが)がキャリートレードの正体かもしれません。

私もいま10円円高になったら、損切りではなく外国株を押し目買いしてしまうかもしれません。(笑)
Posted by たけ先生 at 2007年07月14日 13:41
金利が高いのに各国に対してドル安になっているアメリカはかなり低成長になると予想されているんですね
Posted by ドル安 at 2007年07月14日 19:04
たけ先生が書かれているように、
高齢者の資金が、ドル円相場を
下支えしているのは同感です。

しかしながら、僕が気になっているのは、
絶対的金利差の維持と、日本経済の先行き不安
からの円安懸念が、コンセンサスになり過ぎて
いるのではないか?という事です。

一時的な円高があっても、必ず円安が進行する
という空気が相場に漂っているように感じます。
雑誌等も、FXを煽る記事が増えていますし・・・

G7も円安容認の発言が続いている為、
ヘッジファンドもキャリートレードの流れに
乗っているようですが、これだけ円安が続くと
短中期の巻き返しが気になります・・・

現在の為替相場は絶対金利差が大きなテーマ
となっていますが、
現在、影を潜めている双子の赤字の問題や
サブプライムローンの問題が再浮上してくると、
ロスカットを狙った大きな動きがあっても
おかしくないと思います。

仮に円高へオーバーシュートする場面があれば、
賢明なる投資家にとっては、絶好の買い場が
待っているかもしれません。
(その時が来れば、購入を迷っている外国株も
積極的に買い入れると思います。)
Posted by takashi at 2007年07月14日 23:20
takashiさん、コメント有難うございます。
ドルについてはアメリカの低成長というよりもむしろ双子の赤字、特に経常赤字の累積が問題と認識されており、だからこそユーロや元といった通貨や金や原油などに対して値下がりしているんだと思います。

ファンダメンタル的にはtakashiさんに完全に同意です。

ただしほとんどの日本人個人投資家が

>>円高へオーバーシュートする場面があれば、
賢明なる投資家にとっては、絶好の買い場が
待っているかもしれません。

と考えているならそれ自体が理由で円高の範囲が限られそうな気もします。
2月の世界同時株安局面では日本の個人投資家の押し目買いが円高の急速な進行を跳ね返したそうなので、しばらくは両者の綱引きなんですかね〜。

Posted by たけ先生 at 2007年07月15日 14:30
円高がいつ来るのかは日銀の金融政策次第ではないでしょうか。8月には追加利上げがありそうですし、そこで大幅な円高や株安がこない限り、その後も日銀は利上げ継続の方向でしょう。とすれば、円高は時間の問題ということになりますが・・・。
Posted by dell at 2007年07月18日 20:46
株式投資の心理学を語るブログ 様

突然のメールをお許しください。

『初心者の為の株式投資.com』というホームページを
企画・運営させて頂いております2Hacker3と申します。

とても魅力的なサイトをお見かけしましたので、
相互リンクをお願いしたくご連絡させて頂きました。

勝手ながら、http://www.trade-pirate.com/links/91/
にリンクさせていただいております。どうか、ご確認ください。

まだまだ書き上げたばかりの未熟なサイトですが、
株式投資に対する私の情熱を注いできました。
私自信投資と心理学は切っても切れない関係にあると考えています。

よろしければ、是非、相互リンクの方をよろしくお願い致します。

■URL:http://www.trade-pirate.com/
■サイト名:初心者の為の株式投資.com
■紹介文:「あなた」を稼ぎ続ける投資家に!勝ち続ける投資家のシステムつくり

以上です。

突然のお願いで申し訳ございませんが、ご配慮いただけますよう
よろしくお願い致します。

「あなた」様のサイトの益々のご発展を心より願っております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『初心者の為の株式投資.com』

□企画・運営者 2Hacker3
□URL http://www.trade-pirate.com/
□E-mail xyz@trade-pirate.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Posted by 初心者の為の株式投資.com at 2007年07月30日 07:20
いよいよ先生の危惧する「サブプライム恐慌」が始まってしまいましたね。
この先、特に日本はどうなるんでしょう。
Posted by 終わりの始まり? at 2007年08月04日 14:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47731290

この記事へのトラックバック

ダブルクリック(4841)
Excerpt: 新興市場・・・・・ 買い手が不在なのか 業績が悪いのか・・・ 下げ止まりそうで下げ止まりませんね。 そろそろと思うのですが・・・・・ その中で、嬉しいのが、 本日のDクリ(..
Weblog: 株で20倍3000万超!~戦略的大奇襲型 桶狭間投資法~
Tracked: 2007-07-20 13:01


Excerpt: 国債中に発行された日本の戦時国債(戦争国債)。戦後のインフレにより、ほぼ無価値となった。国債(こくさい)は国が財政上の必要から発行する債券で国の運営に必要な資金を集めるために発行される。正式な名称は「..
Weblog: 証券会社完全ガイド
Tracked: 2007-07-25 10:05

http://www.valras-plage.net/apex-enhance-xl/
Excerpt: 株式投資の心理学を語るブログ
Weblog: http://www.valras-plage.net/apex-enhance-xl/
Tracked: 2016-12-07 10:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。