2005年07月25日

人民元切り上げとその影響そのB

こんにちは。
今日は蒸し暑いですねー。
週末から今日までの株式市場を見ると、大体ブログで書いたとおりに動いている感じですね。
ファーストリテイリングだけは上げてしまいましたがたらーっ(汗)(すいません)

2%の切り上げはしょぼいといえばしょぼいですが、そこはこれ。

10001337087_s.gif
「この一歩は小さいけれど中国株にとっては大きな一歩だ。」

しかし、これだけ切り上げ切り上げ言われていたのに、良く忠実に動くなあ、と思いません??

「効率的市場仮説」によれば、好材料がかなりの確率で予測される場合速やかに株価に織り込まれ、好材料が否定された場合には瞬時に下落するはずです。

しかし、今回人民元切り上げはずーっと前から言われていた上、早晩切り上げは不可避なのは明白であったにも関らず全く株価にその材料は織り込まれていませんでした。

実は類似の現象は半年前にも起こっています。
既に昨年秋、中国産繊維業の輸出規制が撤廃されることが決定していたのですが、いざ撤廃されたとたんアパレル株が一斉に上昇したのですexclamation×2

これって不思議じゃありませんexclamation&question

なぜなら「規制撤廃が決定した段階で、それはアパレル株の株価上昇という形で織り込まれなければならない。」のに、現実は実際に規制が撤廃されるまで株価は動かなかったのです。

これらのことからおそらく
「中国株市場は全然効率的になっていない。」
と考えられます。
ということは、わけもなく優良な銘柄が割安で放置されている可能性が高く、ここをつけば我々個人投資家も十分素晴らしいリターンを上げられるのではないかと思われます。
バリュー投資家としては夢と希望がわいてきますねるんるん
posted by たけ先生 at 16:06| Comment(3) | TrackBack(1) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ならば吉野家牛丼復活も!?
先生のブログは僕の投資スタイルからは○
がんばって続けて下さいね

Posted by 30歳パパ at 2005年07月25日 23:07
ならば吉野家牛丼復活も!?
先生のブログは僕の投資スタイルからは○
がんばって続けて下さいね

Posted by 30歳パパ at 2005年07月25日 23:08
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り日本はアメリカには逆らえないので、あと牛丼や牛角を愛している人が多いので、いずれアメリカ産牛肉輸入は再開されると思います。吉野家もそのとき復活すると思うんですが、「いつ」かは読みにくいですよね。
何となく政変のドサクサかなという気はしますが。これからもよろしくおねがいしますね。
Posted by たけ先生 at 2005年07月26日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

株投資における秘策♪勝てる秘策を伝授
Excerpt: みなさんはどのような投資の仕方をなさっているのでしょうか?ここ最近はネット証券の普及でデイトレードが簡単にできるようになり、株人気も増える一方です。知ってましたか?株には秘策があるのを。しかも、その秘..
Weblog: ☆サッカークラブ☆                   ◆TOPへ◆
Tracked: 2005-07-26 01:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。