2005年08月11日

郵政解散の影響そのB

こんにちは。
今週の郵政解散で、株価は政治リスクで下落するのでは・・・。と書いたら二日続けて大暴騰。
いやあ、予想なんてするもんじゃないですねたらーっ(汗)
アナリストのことをぼろくそ言う資格はありませんね、(笑)

新聞報道などによると、小泉首相の支持率が解散演説により上昇したことから自民党(のうち郵政民営化賛成派)勝利の可能性が高まった、とされているようです。

うーん、どうなんでしょう??
もちろん選挙の結果なんて水物ですが、どう転んでもそんなに簡単な話でもないような気がします。
一足早く選挙結果ごとにどうなるかを考えてみますね。

ケース1:自民党+公明党で過半数確保

マスコミなどで想定されているようなケースですね。
この場合は小泉首相は国民の信任を得た、ということで続投し、従来の政権運営を続けていくことになるかと思います。
この場合、造反議員は許しを請うまで復党できないでしょう。
しかし、それでも参議院は造反議員がたくさんいるので、造反組の意見を全く聞かないと法案が通らないため、ある程度の妥協は必要と思われます。
また衆院でも与党の議席は減るため、結局今まで以上に反対派の意見を取り入れないと政権運営ができにくくなると思われます。

こうなると微妙で、今までも進んでいたのかどうかはなはだ怪しかった構造改革のスピードはますます遅れそうな感じがします。
また社会保障改革や増税、年金削減など国民に不人気な政策は取りにくくなるかと思われます。

ケース2 民主党を中心とした政権
小泉首相は造反議員の選挙区に必ず別の自民党候補を立てるといっているので、民主党が漁夫の利を得る展開もあるかもしれません。

このケースもケース1以上に日本にとってよろしくないかもしれません。
民主党の政策の是非はともかく、民主党は参議院では圧倒的に少数派です。
このため、参院では自民党もしくは公明党の賛成がなければ何一つ法案が通りません
岡田代表が何をやろうとするにも法案が通らない限り話にならないわけです。
このため民主党政権ができても@ありとあらゆる問題で自民党、公明党と妥協するかA公明党と連立を組むかB全く政権が機能しないかの3択です。
いずれの道でも、民主党の掲げる政策が実行できるとは思えず、重要な政策決定も構造改革も事実上不可能となります。

ケース3 自民党+公明党と民主党が拮抗して、どちらも過半数が取れない

造反議員をさっぴいて、与党が10議席ほど議席を減らすとこのケースになります。

このケースは最悪かもしれません。
まず小泉首相は公約どおり退陣。
民主党も過半数が取れない。
そうなると郵政造反組がキャスティングボードを握ることになりそうです。
自民党で新しく総裁選をやって、新総裁を選ぶことになると思われますが、この際は造反組も満足できるような(言い換えれば構造改革をあまり進めすぎないような)無難な融和型の人物
が自民党総裁に選ばれそうです。
その上で、自民党+公明党+造反組で過半数を確保して新自民党総裁が首相になります。

書くまでもなく、新首相の政権運営は八方に目を配り顔を立てる融和型(バラマキ型)になりそうです。党内融和の促進とか何とか言ってわーい(嬉しい顔)
こうなると小渕政権、森政権に逆戻りで改革路線は大きく後退する公算が強いでしょう。
この場合は外国人も日本株を売ってくるかもしれません。

どの道も辛そうですが、はっきりしていることはどのケースでもおそらく今の改革路線を突っ走ることは難しいだろうということです。やはり政治リスクは大きい気がします。

まあ一番望ましいのはケース1でしょうが、何かケース3がありそうで怖いですね・・・。
私の予想はあまり当たりませんがわーい(嬉しい顔)
posted by たけ先生 at 17:32| Comment(3) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たけ先生こんにちは!
いつもお疲れさまです

政治問題もありますが、ずばり円が高くなるのか?安くなるのか?が今の私が気になる所です

あと日経平均は何処まであがるんでしょうか?
Posted by 銀行と自動車株ホルダー at 2005年08月11日 18:18
こんにちは。
マーケットの予想は難しいですね。
今回も見事に外してますし。
円高はドルに対してですよね??

うーん。さすがに今のアメリカの貿易赤字は無茶だと思うんですが、それにはニーズがあるんですよね。
予測は困難ですが、すごくいいブログに参考になる見解があったので、いずれ紹介させていただきます。

Posted by たけ先生。 at 2005年08月11日 21:13
ドルに対してです!
楽しみに待ってます
よろしくお願いします
Posted by 銀行と自動車株ホルダー at 2005年08月12日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「お前らはもう自民党には入れん!」
Excerpt: こんなことを、自民党の造反議員たちに言えないのでしょうか? 「選挙に当選したら、自民党に」てなことを言ってる、造反議員たちも情けないが、それについて、対立候補まで立てながら、「わしがテッペンに居る限..
Weblog: 日本国初代大統領を目指せ!
Tracked: 2005-08-12 01:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。