2005年08月15日

円ドル相場の長期予測B〜アメリカ国債の行方

こんにちは。
お盆だというのに選挙選挙で大変ですね。
自民党の刺客作戦とか、まさに権力闘争って感じですね。

さて、前回のブログで円ドル相場について、マーケットの馬車馬さんのブログを紹介しました。

まとめると
@アメリカは世界の消費を一手に引き受けており、そのためアメリカの外国への借金はどんどん膨らんでいる
A各国ともアメリカへの輸出で経済成長しているため、アメリカに目一杯貸し付けて消費してもらっている
Bでもいつかはアメリカの借金が限界に達して、そのときに各国が一斉にアメリカ国債をぶん投げるかもしれない。そうなったらドルは暴落し、歴史の教科書に載るような大恐慌になるかもしれない

という馬車馬さんのブログを紹介してみました。
素晴らしい考察で、私が付け加えることはほとんどありません。

しかし、私なりにこのチキンレースの行方を考察してみたいと思います。

ところで、アメリカ国債を買っている「各国」ってどこでしょう??
答えはずばり。
日本と中国です。

では、われらが日本政府はいよいよアメリカの借金がやばいとなったときにアメリカ国債を我先に売ることができるのでしょうか??
答えは・・・言うまでもありませんねわーい(嬉しい顔)

実は10年前に橋本政権が当時のクリントン政権と通商問題で揉めたときにほんとにちょっとだけ「アメリカ国債売っちゃおうかなかな??」みたいにぶつぶつ文句を言ったことがあります。
もう早いのなんの。マッハ1で訂正させられてましたもん。
(橋本元首相、引退しちゃいますね・・・。寂しいことです)
この美しい前例を見ると、今後アメリカの借金がいかにやばくなっても最大のアメリカ国債保有国である日本は最後まで売却できなさそうです。

言い換えると、アメリカ国債は日本の個人金融資産1500兆円を担保にしているともいえます。
従って、アメリカ国債の暴落は大げさな話、日本に反米政権ができるか、日本がいよいよ個人金融資産をくいつぶすかまでは大丈夫そうな気もします。

少なくとも、ドルが暴落しても円は逃げられないため、円はそんなにドルに対して暴騰しない、というかアメリカと仲良く沈んでいくんじゃないかな、とそういう予想ができるかもしれませんね。
posted by たけ先生 at 16:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たけ先生こんにちは〜!
いつも拝見させて頂いてます!
オイルマネー&外国人の日本株買い→円高
原油高→大量の原油輸入→円安
これぐらいしか知らなかったのですが(笑
お陰様で色々な事情がわかってきました
どのくらいが最適とか、勉強不足で判りません
結果的には円ドルは、108円前後?をウロウロするのでしょうか?(勘です)
でも、円ドル120円位になれば、もっと自動車株って上がるのかな?
って思っていました・・・でも、ここ最近の外国人買い(オイルマネー?)が凄いので、こりゃ〜年内に日経平均で15000円くらい復活するのかな!?って考えてます
たけ先生は、どう思いますか?
Posted by 銀自ホ←短縮しました at 2005年08月15日 23:54
為替の短期的な予測は難しいですねー。
これからFOMCはさらなる利上げを示唆していて、理論とは逆に「高金利通貨は上がる。」という傾向が見られがちなので、ドルの下値は固いと思うのですが?
自動車株はむしろアメリカ景気の先行きとか中国への普及の度合いなどで決まりそうです。
私はハイブリッドに期待しているんで、トヨタをホールドしています。
Posted by たけ先生。 at 2005年08月17日 10:17
自動車株は、成績良くても割安放置時代が続いているので、何か理由があるのか疑心暗鬼してまして・・・(苦笑)
あと、たけ先生には申し訳無いのですが(私の個人的意見を言わせてもらえば)ハイブリの何処に期待してるのか疑問です
原油高なので、やはり燃費ですか?仕事でハイブリを乗ってましたが、そんなに燃費が良いとは思わないです
むしろ、ハイブリじゃなくても燃費が良い車は、いっぱいあるし・・・
そもそも、ハイブリを作る工程自体が環境に悪い訳で、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンはどちらが環境にいいのか?の答えが、本当はディーゼルエンジンの方が燃焼率が良い分、環境に良い事に似てます
まっ・・・とりあえずは、その事実を隠してる間は売れる事に期待してれば正しい訳ですが・・・
(注)専門家では無いので、あくまで経験上での個人的意見です!辛口に聞こえたらゴメンナサイ
前々から疑問に思っている事なので、御意見を聞かせてもらえれば、尚ありがたく・・・
Posted by 銀自ホ at 2005年08月19日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。