2005年09月15日

日本政治の対立点A〜小泉改革の本質とは??

こんにちは。
日経平均は高止まりしていますね。
さて、ちまたでは「自民党勝ちすぎじゃん??」みたいな雰囲気になっていますが、昨日の流れを受けて政治話の続きです。

昨日のブログで日本の政治は

グローバリゼーション主義 対 反グローバリゼーション主義

に分かれていると書きました。

すごく大雑把に既存の政党や政治家を両派にわけるとこんな感じになります。


グローバリゼーション派

小泉首相および現在の自民党執行部および今回の初当選者の多く

民主党の都市部選出若手議員


反グローバリゼーション派

伝統的自民党、特に旧橋本派や郵政反対派の多く

民主党の労組系議員

国民新党

新党日本

共産党

社民党

公明党


こうして改めて分類すると、右翼 対 左翼、親中国 対 反中国、靖国賛成 対 反対
保守 対 改革 なとはまったく違う分類が浮かび上がってきます。

私がこう書くのは根拠が無いわけではありません。

「地方を切り捨てていいのか! 格差が拡大する社会反対! 外資から国民の財産を守れ! くらしと福祉を守りましょう!」
と亀井さんも福島さんも志位さんも連合の会長も言っていました(笑)

繰り返して言いますが、今の日本政治の真の対立軸です。



それではこの観点で考えると小泉改革とは何だったのでしょう??
一言で言うと
自民党を反グローバリゼーションからグローバリゼーション主義に変えた
と評価できるでしょう。

小泉首相が忌み嫌う公共事業の分配と地方への野放図なバラマキはまさに反グローバリゼーション主義そのものです。
亀井さんが「民主党がやるような政策を、自民党がやっている。我々が真の自民党だ!。」というのは全く間違っていません。
つまり自民党は言ってみれば社会主義政党だったわけです。
小泉さんの言うところの
「自民党は変わった!。改革政党になった!!」
というのは
自民党は変わった!資本主義政党になった!!
というのが的確ではないかと思われます。

そして今回の選挙の真の争点は自民党内の反グローバリゼーション派の粛清と評価できるでしょう。
そして、選挙結果は皆様ご存知のとおり自民党グローバリゼーション派の大勝利に終わり、
中途半端だった民主党と自民党内反グローバリゼーション派は事実上壊滅しました。

これで日本の今後の方向性は事実上定まったといえると思います。
すなわちグローバリゼーション派の勝利によるいっそうの資本主義化、小さな政府政策が進むでしょう。
次回はこの政治構造の変化がどのような影響を及ぼすかを考察していきます。




posted by たけ先生 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ジョニー・ロジャーズと申します。毎日、たけ先生のブログを楽しみに拝見しております。
今日の記事は、あまりにすばらしかったので、おもわずコメントさせていただきました。

私は、以前より「亀井氏は、野党にいった方がいい。なんで自民党なんだろう?」と違和感を感じていましたが、今日の記事を読み疑問が氷解しました。
亀井氏の存在に社会主義的な臭いを感じていたようです。

それに対して、小泉自民党は資本主義政党ですか。納得です。
Posted by ジョニー・ロジャーズ at 2005年09月15日 00:31
おほめいただき、ありがとうございます。
励みになります。
どうも日本だと「改革」とかイメージが先行して、マスコミがきちんと事態の本質を伝えてはいないな、という疑問がかねがねありました。

またぜひコメント寄せてください。
Posted by たけ先生 at 2005年09月15日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6932071

この記事へのトラックバック

靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 17:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。