2007年12月02日

11月リターン

こんにちは。

長い11月が終わりました。
今月はまさにジェットコースターでしたね。

サブプライム不安再燃→株急落、円急騰→利下げ観測により上昇の繰り返しで、8月以降ずっと同じようなパターンです。

私のポートフォリオも今月はかなり値下がりしました。

月間リターン・・・-9.7%

年初来リターン・・・+24.8%

円高の影響が大きいのですが、もともと今までが円安すぎた(リターンが円安によりかさ上げされていた)ので、このマイナスは仕方がないと思っています。日銀と財務省の政策がこのまま続けば、日本は信用収縮によりマネーが減るので、来年は1ドル=100円を切るくらいまで行くんだろうと覚悟してます。

今月は中国株を複数銘柄とBRICSのADRをたくさん購入しました。今年一番の追加投資です。

FRBの金融緩和による過剰流動性はIT→アメリカの住宅→資源と順繰りに対象を変えてバブルを起こしています。
バーナンキ議長はアメリカ住宅市況を救うために、次々と金融緩和を断行しています。最終的にはFFレート1%も夢ではないかもしれません。となるとまた過剰流動性が出現するのですが、普通に考えれば欧米ブルーチップ(特にアメリカの輸出企業)BRICS内需株が次のバブルの対象になるように思われます。ドル安になるので、BRICS輸出株はきついかもしれません。

日本に関しては日銀と財務省が政策を変えない限りまたデフレ不況に逆戻りでしょう。原油が上がってCPIがプラスになったと喜んでいる日銀の中の人がいますが、正気を疑います。賃金が上がることによるインフレとコストプッシュ型のインフレは全く別のものです。
日本内需株は買いにくいです。円高予想を加味すれば銀行預金やFXの円買いなどがいいのかもしれません。




posted by たけ先生 at 10:48| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近また利上げするとか言ってましたが、福井って東大法学部首席で、国T1位合格、司法試験1位合格なんですってね。

武者陵司も学生時代は天才だったらしいし(彼は今もある意味天才か)。

ゆとり教育ぐらいでちょうどいいのかもしれませんね。
Posted by どうろすたー at 2007年12月05日 01:13
受験秀才が悪いというより、法学部の試験形態というか法学という学問が演繹的なのが問題なのかもしれませんね。

福井総裁の利上げも何かドグマ的になってますし。
Posted by たけ先生 at 2007年12月05日 18:52
日本の不動産もひどいことになっているようですね。

「デフレ下における中央銀行の役割について述べよ」というような思い切った試験問題も必要なのかもしれません。
Posted by PALCOM at 2007年12月07日 08:49
日本の不動産に関しては、「フォワード・ルッキングなインフレ感」で買われすぎてましたからね〜。

中央銀行が絶対に不動産価格上昇を許さない、と言っている以上下落するのは自明の理でしょう。
もう少し不動産株ブロガーは日銀に文句を言ってもいいと思うんですが・・・。
Posted by たけ先生 at 2007年12月07日 10:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

OLさんと交わってきた(笑)
Excerpt: ココに入って、初日からちょめちょめヤレた(笑) しかも39萬ももらえたし(笑)
Weblog: かまくらばくふです!
Tracked: 2007-12-02 18:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。