2007年12月21日

07年総括〜@内需株、バリュー株不振

こんにちは。

今年も残すところあとわずかとなりました。
株式投資家にとっては辛い一年だったのではないかと推察します。

今回から、07年の相場の結果と原因を総括していきたいと思います。

第1回は小型株、バリュー株の不振です。

皆様ご存知の通り、今年の小型株、バリュー株の成績はひどいものでした。ひところ流行っていたバリュー投資という言葉もあまり聞かなくなりましたし、ブロガーの方も何人かは退場に追い込まれてしまったようです。
それだけバリュー株は不振でPER10倍の株を買ったら5倍になったとかPBRが0.9倍から0.6倍になったとかいう経験をした方も多いのではないでしょうか??
なぜ安全域が広いはずのバリュー株がこれほど悲惨なパフォーマンスだったのでしょう?
後付けですが、理由を考えてみたいと思います。

@セクターと業績悪化

新興市場、小型株、バリュー株は多くの場合内需株です。

日本は今年もデフレを脱却できず07年の名目GDP成長率はたった0.8%でした。
しかもこのGDPのプラス分はほとんど輸出の増大によるものなので、消費や国内設備投資といった内需はほとんどゼロ成長です。

ゼロ成長ということは去年とEPSが変わらないので内需系企業の2社に1社は減益することになります。
また日本は資源輸入国なので、こうした内需株の多くは原油高など資源高がマイナスに作用したことも見逃せません。

さらに消費者金融規制、建築基準法改悪、無理な財政再建、デフレ下で利上げを試みる金融政策・・・。
当ブログでも再三指摘してきましたが、政府・日銀が景気を冷やす愚策を乱発している以上、08年以降の内需も(アメリカ景気が減速しなくても)マイナス成長が見込まれます。
現実にアメリカ景気や円高の影響を受けにくい不動産や広告、放送、ITなどのセクターの下落はこうした国内景気後退を強く示唆していると考えられます。
従って、内需株全体の08年EPSは07年よりさらに減益することが十分に予測されます。EPSが減少すればPERは上昇するので収益バリューは収益バリューではなくなります。
バリュー株の株価はEPSの下落を先取りして下落している可能性があります。

Aファンド・バッシング

バリュー投資の高いリターンは「本来価値以下にディスカウントされた株を購入し、本来価値に価格が収斂する」ことによるものです。

しかし、本来価値に価格が収斂するためには誰かが価値と価格の乖離に着目して裁定取引を行わなくてはなりません。
こうした裁定におけるアクティビストファンドの果たす役割はとても重要です。
しかし07年には村上ファンドやスティールパートナーズなど(傲慢な振る舞いなど彼らにも問題はありましたが)この手のアクティビストファンドに不利な判決が続出しました。
また世論もおおむね「拝金主義のファンドは悪」としてこうした流れを歓迎しているように見えます。

アクティビズムに対する是非はさておき、こうしたバッシングはバリュー株、特に資産バリュー株の株価が価値に収斂することを難しくします。その結果「永遠の割安銘柄」が続出してしまったわけです。
資産バリュー株の上昇にはTOBや自社株買いなどなんらかのカタリストが契機になることが多く、今年の相場からはカタリストが失われてしまった感があります。

なお、サブプライム問題は日本内需株の下落にそれほど関係していないと思います。アメリカは「不況になるかもしれない」という恐怖感なのに対し、日本は先に現実の不況に突入しているので、先に株価が下落しただけではないかと思われます。

日経新聞やマネー雑誌を読んでいると「サブプライムのせいで株価下落」と毎日書いています。
こうした論調は国内景気の悪化をアメリカに責任転嫁することで、来るべき不況(と国内株下落)から逃避しているだけのように思えます。
posted by たけ先生 at 11:10| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

11月リターン

こんにちは。

長い11月が終わりました。
今月はまさにジェットコースターでしたね。

サブプライム不安再燃→株急落、円急騰→利下げ観測により上昇の繰り返しで、8月以降ずっと同じようなパターンです。

私のポートフォリオも今月はかなり値下がりしました。

月間リターン・・・-9.7%

年初来リターン・・・+24.8%

円高の影響が大きいのですが、もともと今までが円安すぎた(リターンが円安によりかさ上げされていた)ので、このマイナスは仕方がないと思っています。日銀と財務省の政策がこのまま続けば、日本は信用収縮によりマネーが減るので、来年は1ドル=100円を切るくらいまで行くんだろうと覚悟してます。

今月は中国株を複数銘柄とBRICSのADRをたくさん購入しました。今年一番の追加投資です。

FRBの金融緩和による過剰流動性はIT→アメリカの住宅→資源と順繰りに対象を変えてバブルを起こしています。
バーナンキ議長はアメリカ住宅市況を救うために、次々と金融緩和を断行しています。最終的にはFFレート1%も夢ではないかもしれません。となるとまた過剰流動性が出現するのですが、普通に考えれば欧米ブルーチップ(特にアメリカの輸出企業)BRICS内需株が次のバブルの対象になるように思われます。ドル安になるので、BRICS輸出株はきついかもしれません。

日本に関しては日銀と財務省が政策を変えない限りまたデフレ不況に逆戻りでしょう。原油が上がってCPIがプラスになったと喜んでいる日銀の中の人がいますが、正気を疑います。賃金が上がることによるインフレとコストプッシュ型のインフレは全く別のものです。
日本内需株は買いにくいです。円高予想を加味すれば銀行預金やFXの円買いなどがいいのかもしれません。




posted by たけ先生 at 10:48| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

財政再建と金利正常化の愚かさ〜国民にできること

こんにちは。

マーケットは相変わらずサブプライムとFRBの利下げ観測で一喜一憂していますね。

おそらく08年もまだまだサブプライム関連の悪いニュースは続くと思います。この問題はアメリカの住宅価格の下落が止まらないうちはなかなか解消しないでしょう。

さて、日本の景気はいよいよ悪くなってきました。
今日発表の失業統計でも就業者数は減少しており、またコアコアCPIは-0.3%と相変わらずデフレが継続しています。
(原油が上がっているから相殺している、は大間違いです。簡単に言えばコアコアCPIがマイナスだとあなたの給料が下がりつづけます。)

こんな状況で金利の正常化という名目で利上げしたり、財政再建という名目で増税したら経済はハードランディング必至です。

今日は国民にできることを考えてみます。

@日銀の政策については、残念ながらほとんどできることはありません。日銀は「中央銀行の独立性」により政府の干渉は一切受けず、何の責任もとらなくてもいいポジションなので国民には何もできません。せいぜい「金利を下げて、買いオペをやれ!」抗議の電話をするくらいです。

A財政政策については国民の皆様にできることはたくさんあります。
まず与党、野党問わず財政再建を急ぐ政治家に抗議したり、選挙で投票しないことが重要です。

この問題が難しいのは自民党にも民主党にも公明党にも「財政再建最優先派」と「どちらかというと財政再建を遅らせたい派」がいるということです。
したがって、自民が善で民主が悪、とかいう風に一概には言えません。

しかし、少なくとも政府の財政改革研究会の幹部に名を連ねている与党議員については、抗議のメールを送るか、その地域の知り合いに頼んで反対候補に入れてもらうのがいいかもしれません。

仮に財政改革研究会の幹部のメンバーの大半が次期衆院選で落選すれば、間違いなく財務省と財政再建至上主義派は力を失います。

日本を再び失われた10年に陥らせないために、少しづつでもできることはあると思います。
posted by たけ先生 at 14:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。