2007年09月01日

8月リターン

長く暑い1ヶ月が終わりました。

今年は本当に猛暑でしたね。
職場から外に出る10分が辛いくらいでした。

対象的に相場はサブプライムショックで荒れまくりました。
円高も進んだため今月は皆様も痛手をこうむった方が多いのではないかと思われます。


8月リターン・・・ ー5.3%

年初来リターン・・・+18.4%

月次リターンはマイナスですがまあまあ底値で米国株、中国株を拾えた分マイナス幅が縮小された感じです。月の途中では-15%くらいいってましたし。

国別では円高が進んだにもかかわらず、日本株のリターンが抜群に悪かったのが印象的です。

サブプライムの痛手は最も少ないはずですが、国内景気の弱さが嫌気されているのか全く上昇気配を見せません。

ところで日本の経済マスコミの報道姿勢はどうなっているのでしょうか??
英語版のYahoo Financeを見ていると「日本の消費が大幅に低下」とか「日本は再度景気後退するのだろうか?」といったreuterやFTの記事を散見します。

ところが日本のマスコミは馬鹿の一つ覚えのように「堅調な景気回復が続いている」だの「日銀のシナリオによれば先々物価が上昇してくるため日銀の利上げは予断を許さない」だの大本営発表の御用記事を垂れ流しています。

アメリカが採用しているコアCPI(原油、生鮮食品を除いた消費者物価指数)は7月で-0.5%です。デフレは脱却どころか悪化しています。
与謝野官房長官にいたっては「物価が上がらないだけで不景気ではない。年金生活者にはいいことだ。」などと寝ぼけた発言さえしています。

こうした発言や統計に対して素直にマーケットが反応した結果が日本株の抜群の戻りの悪さだと思うのですが、それも日経によれば「改革後退を懸念した外国人売り」にすりかえられてしまったりします。

この程度の記事しか出てこない背景には横並び意識があるのか不勉強なのかはわかりませんが、日本の将来を考える上できわめて嘆かわしい現象であると思います。
posted by たけ先生 at 15:49| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

購入銘柄

こんばんは。

マーケットは少し落ち着きを取り戻してきましたね。
この先も住宅ローン爆弾はまた爆発するのかもしれませんが、腹をくくって押し目買いするのが長期的には吉かもしれませんね。

今回の急落で今まで手薄だったアメリカ金融セクターを購入しました。バフェットと銘柄がかぶっているので少し気が楽ですがどうなるでしょう??
マクロ経済的にはBRICS・・・強気。欧州・・・強気。アメリカ・・・中立〜強気。日本・・・弱気です。
本日発表のBHPビリトンの決算報告書でもアメリカを含め世界経済は良好である、と記載されたその横にわざわざ「日本については住宅分野の弱含みによりデフレに再度突入するリスクが高まった」と記してあります。

ここ最近の日本のマンデベ株や不動産流動化株の値動きともよく符号し、不吉ですがlikelyなシナリオと考えられます。

購入銘柄

BAC: Bank of America

BNI: Burlington Northern Santa Fe

Brk.b: Berkshire Hathaway

USB: U.S. Bancorp
posted by たけ先生 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

FRB銀行貸し出しレート緊急利下げ

今日は日経平均空前の爆下げでしたね。

円も急騰、香港も急落と散々な一日でした。
もっともこういう急落時というのは長期的には買いのチャンスでもあります。

バフェットの本にも「大暴落時に買う!バフェットの投資戦術」とかいうのがあったような気がしますし。

そのバフェットがこの4月〜6月にBank of America, Wells Fargo, U.S.Bancorpといったアメリカの銀行株を大量に購入しているのは注目に値します。

さすがに米国住宅ローンのリスクについてバフェットが評価していないとは考えにくく、少なくとも上記3行については現在の株価はリスクを織り込んでいる価格と考えられます。

他にバフェットはこの3ヶ月にProcter & Gamble, Johnson & Johnson, Burlington Northern Santa Feといった大型株を買い増しており、彼が今の米国市場を安全域が確保された価格であると考えていることが示唆されます。

私自身もサブプライム問題についてはそれほど不安視していないこともあり BNI, USB, BRK.Bを購入しました。

サブプライム問題自身も動きがありました。
昨日「仮にそのような信用収縮が起こりそうになった場合、FRBやアメリカ政府には打てる手は色々とあると思われます。
巷熱望されている利下げでもいいですし、ファニーメイによる追加貸し出しでもいいでしょう。」とブログで書いたのですが、タイミングドンピシャでFRBが銀行貸し出しレートを緊急に0.5%利下げしました。

これをうけてNY株式先物は急騰しています。
ひとまずの連鎖的な信用収縮はこれでいったん収まるのではないかと期待しましょう。

posted by たけ先生 at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。