2007年08月15日

火がついたサブプライム問題A

こんばんは。
世界の株式市場はサブプライム問題に対する不安からか、またしても大幅に下落しました。
またここのところ株安になると円高になる傾向が引き続き、為替も円高方向に推移しています。
このためもあり、日本の個人投資家もここ数日打撃を受けている方が多いのではないかと思われます。私も打撃を受けております。(笑)

さて今回の急落の引き金となったサブプライム問題の先行きですが、以下の二つが焦点となります。

@実体経済面
・・・アメリカの住宅価格は長期にわたり下落してしまうか?

A信用面
・・・不良債権を抱えた金融機関が貸し渋りを行い必要な信用まで供与できなくなるか?

まず@についてですが、アメリカは日本と異なり住宅ローンには保証人制度がないそうです。
 住宅ローンの返済が行き詰った場合は割りとドライに競売にかけられるそうで、全米に競売物件がでているそうです。こう聞くと不安になりますが、日本のバブル崩壊時には金融機関がなかなか不良債権の担保資産を処分できず、土地を塩漬けにしたため信用収縮が長引きました。
 早め早めに貸し手と借り手が損失を確定するアメリカのスタイルは実体経済への影響という観点からはむしろ好印象です。
またこうした競売物件に買い手が結構ついているらしく、購入価格の6割程度で売買が成立しているようです。
繰り返しますが日本のバブル崩壊時は買い手が不在となり土地の流動性が枯渇したことで問題解決が遅れました。その点を考えるとアメリカの競売状況は比較的心強いとも思えます。

そもそもアメリカは人口が増え続けているので長期的な住宅需要は上向きであることが予測され、住宅価格が下落を続けるというのは予想しにくいと考えられます。アメリカの住宅価格もバリュエーション的にはバブル崩壊前の日本の地価高騰ほど上昇したわけではありません。

これらを考え合わせるとアメリカの住宅価格が単調に低下し続けるというのはかなり考えにくく、何年か待っていれば住宅市況は回復するのではないでしょうか??

ついでAについて考えてみます。
こちらもあまり心配はなさそうです。
現在世界中の金融機関やヘッジファンドにサブプライム関連の債権損失が飛び火していますが、逆に考えると損失が世界中に分散されており、特定の金融機関に集中しているわけではないとも言えます。
CitiやBank of Americaなどの金融機関が実質的な債務超過状態に陥るとか必要な信用供与を行えなくなるといったバブル崩壊後の日本で起きたような現象は相当に考えにくいと思われます。

仮にそのような信用収縮が起こりそうになった場合、FRBやアメリカ政府には打てる手は色々とあると思われます。
巷熱望されている利下げでもいいですし、ファニーメイによる追加貸し出しでもいいでしょう。
返済の滞っている個人を公的資金で借り換え促進させる手もありうるでしょう。
また現在「質への逃避」により株安→ドル、アメリカ長期国債上昇→アメリカ長期金利の急低下が起こっており利下げがなされない場合でも住宅ローン金利は今後落ち着きを取り戻すと思われます。

こうして考えると上記@Aともあまり心配はなく、サブプライム問題がアメリカの実体経済に及ぼす影響は限定的ではないかと思われます。
ただし、今回の問題によりMBOやLBO,PEファンドといったいわゆるオルタナティヴ投資に対して向けられる視線は非常に冷たくなったと思われます。今後オルタナティブ投資は資金調達の際にプレミアムの上乗せを要求され一気にマーケットが冷え込んでいくのではないかと思われます。

どっかで「投資ファンドは眠らない」みたいなコラムをみかけましたが、プレミアムの上昇により良くて冬眠、悪くて永眠みたいなファンドが続出することが予想されます。



posted by たけ先生 at 21:35| Comment(5) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

火がついたサブプライム問題

こんにちは。
世間は夏休みなのに、ここのところ本業がすっかり忙しく更新が非常に滞っていました。

だいぶ遅れましたが7月のパフォーマンスです。

7月月次リターン・・・+2.5%

年初来リターン・・・+25.1%

7月は前半は好調だったのですが、後半はサブプライム問題に火がついたため小幅プラスでした。
8月に入ってからは今日までで5%程度下落しているのではないかと思います。

さて今回の急落の原因はもちろんサブプライムローン問題です。
アメリカの住宅価格の上昇が鈍化、高金利で住宅ローンを組んでいた債務者が住宅を担保にした低金利のローンに借り替えられず、返済が滞っています。
こうしたサブプライムローンを担保にした証券は機関投資家同士で相対売買していたため、値付けがきちんとなされておらず、誰がどのくらい含み損を抱えているのかすらわからない状況のようです。

このため金融機関やヘッジファンド、およびこれらに出資している投資家の不安が増幅しとりあえず換金しておこうという理由で世界中でリスク資産の投売りが行われています。
これが世界中の株式市場の急落の原因と考えられます。

さて今後のこの問題の推移ですが実体経済面と信用面の二つにわけて考えられると思います。(両者は相互に作用するのですがここではいったん分けて考えてみます。)

@実体経済面
・・・アメリカの住宅価格は長期にわたり下落してしまうか?

A信用面
・・・不良債権を抱えた金融機関が貸し渋りを行い必要な信用まで供与できなくなるか?

この@Aの推移がどうなるかで今後の世界経済の運命は変わってくると思います。次回はこれらの問題について考えてみたいと思いますが、先に結論を言うと私は@Aとも楽観的に考えており、持ち直すのではないかと考えています。


posted by たけ先生 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

円キャリートレードについての考察。

こんにちは。

昨日はNY株は大幅高でしたね。
Wal-Martなどアメリカ小売企業の6月月次売上が好調でアメリカ経済の底固さと強さが確認された、との見方が優勢となり一気にブルマーケットになった感があります。

為替も1日だけ円高になったものの、すぐに押し戻されてしまいました。
現在の円安は購買力平価で考えるとさすがに行き過ぎとも思われます。
円安については「金利差に着目された円キャリートレード」という説明がよくなされています。

円キャリートレードなどというと機関投資家やレバレッジをギンギンに効かせたFXトレーダーがイメージされますが、どうも実態はそれだけではないようです。

むしろ寄与度としては高齢者個人を中心とした外国債権や外国株投資信託に対する資金流入が大きいとの説もあります。
ちまたでは「円キャリートレードの巻き戻し」が良く懸念されますが、投資信託に預けてるおじいちゃん達は果たして3円や4円円高になったり日銀が1%程度金利を引き揚げたくらいで投信を解約するのでしょうか?

彼らが本当に金利差だけに着目しているならそうかもしれません。
しかしもし彼らが(無意識のうちにでも)円資産のポジションを減らしたいという気持ちがあった場合話は違うかもしれません。
すなわち「日本は少子化により低成長が続くだろうから、この先も円高は考えにくい。国債がパンクするからどうせ長期国債金利や預金金利はある程度以上は上げられないから金利差は継続する。仮に金利が上がったらそれはそれで日本国債がパンクして円安になるだろうからどう転んでも円高はありえない。」という考え(あるいは予感)があった場合は多少の円高でもロスカットしないかもしれません。

もしこの考えが正しいならこれほどの購買力平価の差にもかかわらず円安水準が継続しても不思議は無いのかもしれません。


新規購入ETF

DFE Wisdomtree Europe Smallcap Dividend

2836:HK Ishares BSE SENSEX India ETF
posted by たけ先生 at 20:55| Comment(8) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。